中国証券監督管理委員会(CSRC)が、株取引にブロックチェーン導入を検討

中国で株取引にブロックチェーン技術を検討

CSRCは最近、5つの地域の株式市場を承認する書簡を発行し、北京、上海、江蘇省、浙江省、深センのエクイティトレーディングセンター(株式取引センター)が含まれている。これらの地域やその他の地域は、7月上旬にブロックチェーンパイロットの実験を開始するための承認を受けたことが分かった。

北京地方財政監督管理局によると、CSRC (China Securities Regulatory Commission=中国証券監督管理委員会)が次のステップとして、北京エクイティトレーディングセンターがCSRCの統一された展開要件に従い、関連部門とともに、北京株式取引所を案内してブロックチェーン構築のパイロット作業を実施するとのこと。

北京市政府により承認され、CSRCに報告された地域の株式市場運営機関として、北京株式取引所はほぼ完全な株式登録および保管および取引移転インフラストラクチャーを確立。オンラインでの株式登録および保管を実装する国内初の株式保有の変更、市場監視および管理部門の企業登録情報システムとのデータ接続のリンクが実現する。

マルチレベルの株式市場のバックエンド統合パイロットが、中国証券保管振替公社と共同で推進しており、2017年11月に北京株式取引所は、深セン証券取引所およびその他の地域の株式市場運営機関とともに、地域の株式市場仲介機関の信用チェーンを共同で立ち上げ、統一された標準の改ざん不可能な仲介機関業務情報共有システムの構築に焦点を当てていた。

メディアでも北京の株取引センターは、株式の登録や保管、取引の移転のための“ほぼ完璧なインフラストラクチャー”を構築したと報じられている。中国政府は、CSRCが中国企業のオンライン株式登録管理と株式変更で主導権を握ったと指摘している。

2020年6月30日の時点で、北京のエクイティトレーディングセンターは市内の非上場の株式会社1,000社以上にサービスを提供しており、彼らは1つの地方商業銀行、1つの民間銀行、1つの直接販売銀行および6つの地方銀行を含む9つの商業銀行の株式を委託されている。彼らの総資本金は210億元以上でその額はおよそ300万ドル、日本円にして3,218億円になるとのこと。

北京エクイティトレーディングセンターは、深セン証券取引所およびその他の地域の株式市場オペレーターとともに、2017年後半に地域の株式市場仲介信用参照ブロックチェーンを立ち上げたことが海外メディアでも報じられた。
中国のインターネットファイナンスアソシエーションは、ブロックチェーン技術の使用が近年成熟していると述べたほか、中国の専門家は新しい「社会的信用システム」におけるブロックチェーンの実装を検討するセミナーを開催している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!