仮想通貨ハンドシェイク(handshake/HNS)の特徴・詳細とは?|ブロックチェーンDNSの時代へ

仮想通貨ハンドシェイク(handshake/HNS)の特徴・詳細とは?|ブロックチェーンDNSの時代へ

『ハンドシェイクプロジェクトの公式ウェブサイト、広報担当者、レポは1つもありません。公式の「チームページ」はありません』

このような見出しで始まるhandshake(ハンドシェイク/HNS)は、既存のDNSシステムをブロックチェーン技術を応用して新たな時代へ導くためのプロジェクトとして誕生しています。既存のDNSと下位互換性がある、いわば“命名プロトコル”です。

DNSプロトコルを置き換えるものではなく、ルートゾーンファイルと呼ばれるTLD(Top Level Domain: トップレベルドメイン)所有権が置かれている場所)とルートサーバーを、誰でも使用できるブロックチェーンベースのシステムに置き換える役割を担っているプロジェクト名、それがhandshake(ハンドシェイク)です。

そして、そこで使用されるのがハンドシェイクコイン(HNS)です。

動画引用先:#Hashed「Hashedpost – Handshake」

Lightning Network(ライトニングネットワーク)の作者ジョセフ・プーン(Joseph Poon)氏がプロジェクトへ関与していることで注目されたハンドシェイク(HNS)について、徹底解説していきます!

既存アーキテクチャーからの脱却を目指すhandshake(ハンドシェイク/HNS)

DNS(Domain Name System)はインターネットを構成しているアーキテクチャ(architecture=構コンピューターシステムの基本構造)の中でも最も古いコンポーネントの1つです。これは1983年に発明されたもので、当時想像もされていなかったであろうインターネット上の自由や安全を脅かす脅威に対処する変更がされていません。

CLOUDFLARE「DNS Root Server」から画像引用

すべてのDNSサーバーは、再帰リゾルバー、ルートネームサーバー、TLDネームサーバー、権威ネームサーバーの4つのカテゴリーのいずれかに分類されます。キャッシュが機能しない通常のDNSルックアップでは、これらの4つのDNSサーバーは協調して動作し、指定されたドメインのIPアドレスをクライアントに配信するタスクを完了します。

現在のDNS階層では、最上位にICANNによって管理されるルート・ゾーンがあります。ICANNは、誰がどのTLDを取得するかを決定しています。この場合、ここでいう「誰が」というのは、政府や非営利団体、そして「.com」というTLDを所有するVerisignなどの営利企業を意味します。TLDの所有者は、「google.com」のようなセカンドレベルドメインを発行できます。

handshake(ハンドシェイク/HNS)が指摘するDNS既存システムの問題点

DNS既存システムには、大きく分けて4つの問題点があるとハンドシェイクコミュニティでは考えています。

1、トップレベルドメインの制限

ルートゾーンを管理する集中管理型の組織ICANNは「.com」「.net」「.org」など、どのTLDを利用可能と判定するかの決定をしています。

ICANNは、新たなTLDの申請に185,000ドル(約2,000万円)の手数料を要求しており、ウェブサイトの所有者や開発者にとって、良いドメインの利用を人為的に制限するため、現在新たなTLD申請は締め切られています。

2、検閲およびプライバシーの侵害を受けやすい

現在のインターネット上のドメイン名は、集中管理されており、これが原因となってプライバシーや検閲を失う可能性があり、現在利用しているドメイン登録業者がWHOIS保護を提供していたとしても、情報はドメイン登録業者から抜かれる可能性があります。

政府やISP(Internet Services Provider)は、DNSフィルタリングとリダイレクトという機能を使ってドメインを検閲していますが、その一方でISPは、ウェブ閲覧履歴を売ることで個人のDNSデータを収益化することが常態化しているという矛盾が生じています。

3、認証局システムには欠陥がある

ブラウザは認証局を信頼して、ウェブサイトが本人であると証明しています。

しかし認証局は、悪質な証明書を発行したり政府と協力したりし、トラフィックを監視するために、SSL(Secure Sockets Layer、※)のセキュリティを侵害することがあり、安全でないウエブサイトは、すべての人を危険にさらします。

SSLとは

SSLとは、インターネット接続を安全に保ち、ウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を2つのシステム間で送信される機密情報をすべて保護し、犯罪者があらゆる情報を読み取ったり改変できない様に暗号化し、送受信させる仕組みのことです。

4、真のドメイン所有権は提供していない

既存のドメイン登録業者は、ドメインの所有権を維持するため、ドメイン所有者に年間の定期的なリース料を請求するリース方式でビジネスをしています。

多くのTLDでこのリース料は値上げの対象になっていますが、最近、ICANNは「.org」のような保護されたTLDから価格上限を撤廃する契約を承認し注目を集めました。

その一方でハンドシェイクは、更新料なしで真のドメイン所有権を提供し、自身のデータを完全にコントロールすることを可能にしています。ハンドシェイクのガバナンスは完全分散化されており、ドメイン所有者やネットワークに影響を与えるガバナンスの決定は、誰かの一存で下すことはできない仕組みになっています。

非中央集権プロジェクト【ハンドシェイク(HNS)】とは?

インターネットシステムを利用する過程で大きく依存しているDNS(中央集権)に対し、非中央集権的な構造を組み込もうとするプロジェクトがハンドシェイクであり、既存DNSと下位互換性のあるネーミング・プロトコルとされています。

DNSプロトコルを置き換えるのではなく、DNSルート・ゾーン・ファイル(※1)およびルート・サーバー(※2)を、誰もが使用できるブロックチェーン・ベースのシステムに置き換えます。これにより、ルートゾーンは、現在ルートゾーンを管理しているICANNのようなゲートキーパーから逃れ、検閲されず無許可性となります。

(※1) DNSルート・ゾーン・ファイルとは、DNS階層構造の最上位のDNSゾーンを指しており、通常はインターネットに展開される最大のグローバルDNSシステムであるルートゾーンを言います。(ウィキペディア「DNSルートゾーン」引用)
(※2) ドメイン名空間の頂点にある情報を保持するサーバを指しており、ドメイン名の名前解決において、TLD部分の名前解決を担っています。(ウィキペディア「ルートサーバ」引用)

ネットワーク内のPeer(ピア)は、ルートゾーンを暗号検証と管理をしていることから、認証局システム(CA:Certificate Authority)が不要になり、ドメイン名はハンドシェイクブロックチェーンに記録されていきます。インターネットのセキュリティの基盤は、ユーザーが正しいサーバーに接続していることを証明する認証局システム(CA:Certificate Authority)やノード(node=接続ポイント)などの信頼できる証明書に依存しています。

信頼できるCAのいずれかが失敗した場合、インターネットは失敗します。この障害はすでに発生しており、引き続き発生し続けることが予想されており、ますます多くのインフラストラクチャーとして破滅的なリスクを伴うことから、信頼できるCA設計が必要に迫られています。

ハンドシェイクブロックチェーン

ハンドシェイクは、暗号経済的インセンティブが確立された名前と証明書の関連付けを実行する分散型ネットワークを確立するための現在進行形のプロジェクトです。

検証可能なコンパクトな証明で構築され、組み込み機器やモバイル機器との互換性を確保するほか、分散型の大規模コミュニティを実現する方法が提案されているプロジェクトで、DNS周辺の弱点を修正するために最適化するブロックチェーンが提案されています。

新規ブロックチェーン生成時間 約10分
コンセンサスアルゴリズム PoW(※難易度調整は、ブロックごとに計算され、1日あたり144ブロックを対象)
最大ブロックサイズ 1000000バイトの基本ブロックサイズ、4000000重量単位
ハッシュアルゴリズム BLAKE2b + SHA3
最大総供給量 2,040,000,000 HNS
エアドロップ供給 1,360,000,000 HNSエアドロップは、コイン供給全体の2/3
初期ブロック補助金 2,000 HNS
ブロック報酬半減間隔 170,000ブロックごと(約3年3カ月)

ハンドシェイクは100%SegWitで、ブロックヘッダーに証人のコミットメントがあり、作業証明のハッシュには、ブロック源泉徴収攻撃を防ぐように設計されたものを含む、ブロックヘッダーの再シリアル化が含まれます。また100%SegWitであるため、証人データはなく、トランザクションの一意性を強制するために、ブロックの高さはコインベーストランザクションの価値にコミットされます。なおAirdropsとClaimsは、コインベーストランザクションに含まれ、両タイプの証明は、Tx入力チェック中に検証されます。

既存TLD保有者や分散化のために最適化させ、ユーザーはネイティブトークンであるhandshake Coin(ハンドシェイクコイン/HNS)を使用してIDとしての特定の証明書を発行し、TLDにより、コンパクトで共有可能な包含および除外の証明が可能になります。

このブロックチェーンは、グローバルに必要に迫られた問題を解決しようとするために存在しており、グローバルコンセンサスのためのブロックチェーンベースのメカニズムを持つことで解決させていきます。

ハンドシェイクの「分散システム」について

ハンドシェイクの分散システムは、名前を含む独自の暗号経済的インセンティブとしてhandshake Coin(ハンドシェイクコイン/HNS)を用いており、ブロックチェーンを作成することで解決させています。ユーザーは、HNSを使用して、特定の証明書に固定されており、TLDをIDとして登録します。このブロックチェーンは、DNSと証明書との関連付けを行うために必要なものです。

コミュニティ参加者はHNSを使って「ドメイン名の転送や登録および更新」を行うことが可能で、HNSはP2Pネットワーク上のスパム防止に必要です。コイン供給の大部分はフリー/オープンソースソフトウェア・コミュニティに無償で提供され、大部分は個々の貢献者に提供されています。

HNSはローンチ後にNamebaseを通じて売買できるようになっており、プラットフォームのユーザーはHNSを使ってハンドシェイクドメインに入札できます。

これらは、Namebase Proを介してビットコインなどの他の仮想通貨と取引するために購入することもできます。NamebaseでのHNSの主な使い道は、新しい無料のインターネットへのアクセスを可能にするために使用できます。

Namebaseとは?|ドメイン売買サービス提供

Namebaseは、ハンドシェイクブロックチェーンで動作するTLD(Top Level Domain: トップレベルドメイン)ドメイン売買サービスを提供しています。

Namebaseの使命は、ハンドシェイクと同様に、インターネットの自由と安全を可能にすることで、より安全かつ、検閲に強く、発作に強い、企業ではなく個人が直接所有するインターネットを作成して行く役割を担っており、Handshakeをより使いやすく、大量導入を可能にすることを目標にしています。

コインベースのように取引しながらGoDaddyのように操作できるNamebaseは、ドメイン購入と管理、資金管理、取引所での取引を基本的にすべて1つのプラットフォームで行えます。これらはインターネット誕生まもなくはオープンでグローバルな存在としてしられていましたが、今ではそうではなくなっており、10年後のインターネットは、オープンではなく無料でもなくなるうえ、安全性の低下、さらにはプライベート性の低下が必至と言われています。

この一見希望が無くなったインターネット環境に、一縷の希望を持たせているのがハンドシェイクプロジェクトで、10年後のインターネット環境がよりオープンで、無料かつ安全でプライベートであるようNamebaseが働きかけています。

Namebaseの使命

Namebaseでは、ハンドシェイクの掲げるミッションを達成するためにハンドシェイクへのアクセスを可能にし、ハンドシェイクの採用をサポートすることに集中しています。匿名を希望するユーザーも含め、すべてのユーザータイプに対応できるよう規制のハードルをクリアしたうえでハンドシェイク自体に加え、マルチシグウォレットなどのテクノロジーを利用して、悪意のある行為者、政府、さらに中央管理者からユーザーを保護します。

また、Namebaseは従来ドメインよりもハンドシェイクドメインを使いやすくするために働きかけており、NamebaseドメインレジストラーとHNSオンランプにより、誰もがほぼゼロの摩擦でハンドシェイクを使い始めることができます。

2020年現在、従来ドメイン名のセカンダリマーケットはまだ遅く、手動に依存しています 二次販売は細分化しており、送金はエスクローで完了するまでに最大1カ月かかる場合すらあります。そこでハンドシェイクは、既存のインフラストラクチャーを回避することで、それを変える機会を提供し、ドメイン名をチェーン上で即座に転送するオープンマーケットプレイスでのドメインの売買方法を変更する働きをNamebaseがサポートしています。

ハンドシェイクでできること

ブロックチェーンは、大規模なエンパワーメントのためのテクノロジーで、ビットコインはマスターなしでお金を提供します。

ハンドシェイクは誰もが自分の身元を明かすことなく、検閲や発作に強いドメイン名を所有でき、その他(Siacoin、Filecoin、IPFSなど)はスタックの個別のレイヤーで作業していますが、より良いインターネットを構築するために分散化する必要がある最初のレイヤーがネーミングです。

これらのプロトコルは連携して機能するため、エンドユーザーはどのレイヤーでもブロックされることなく確実にウエブサイトへアクセスでき、ドメイン所有者は自分のドメイン名を本当の意味で所有できます

ハンドシェイクではプライベートキーを制御することで、ドメイン名をプライベートに登録でき、ゲートキーパーや中央管理者が邪魔することなく、インターネットが信頼できるネーミングシステムを作成できます。

ハンドシェイクの所有権と更新料

従来のドメインを使用するためには、ドメインをレンタルする権利の年間更新料を支払います。しかし、この年間更新料は変更される可能性があり、多くの場合、ICANNとレジストラによって推進されます。ICANNは実際には、保護されている.org TLDの価格上限を削除しようとしたところです。

ウェブサイトが誤って有害であると判断された場合、インターネットサービスプロバイダーがそれをブロックし、ドメインレジストラーがドメインを差し押さえられます。彼らのセキュリティ運用—そして所有権を回復するプロセスは苦痛でコストがかかります。
ハンドシェイクドメイン名は真の所有権を提供しており、毎年の更新料はなく、ハンドシェイクTLD所有者が自分の秘密キーを所有している限り、DNSレコードはブロックチェーン上にあるため、名前は改ざんに対して耐性があります。

TLDの所有者は、鍵へのアクセス権があることを証明するために年2回のトランザクション(マイニング料金)を提出する必要がありますが、Namebaseを使用している場合は、システムがこれを自動的にしてくれる仕組みになっています。

ハンドシェイク価格と購入プロセス

現在、ドメイン名を使用する場合、GoDaddyやGoogle Domainsなど、レジストラにアクセスし、優先TLDからセカンドレベルドメイン名を検索してレンタルしています。

希望するドメイン名が利用可能な場合は、レジストラによって決定された価格でレンタルでき、ドメイン名が既に使用されている場合は、他のドメインにするか、ブローカーに連絡して希望するドメインを取得するために数十万ドルにもなる費用をしはらわなければなりません。しかし、この取得のために支払う数十万ドルもの費用が適正価格を支払ったかどうかはわからないのが現状です。

ハンドシェイクでは、誰もが利用可能なドメイン名に入札できる透明性の高いオークションベースのマーケットプレイスがあり、ここを介してドメイン名を取得します。仲介者に仲介手数料を請求するのではなく、他の入札者に直接入札することから、ドメインの公正な市場価値を判断でき、ネームオークションがすでに終了している場合でも、ネームベースのマーケットプレイスから購入可能です。

仮想通貨取引所MXCでハンドシェイク(HNS)を取引

国内ユーザーが取引できる取引所として有名なのが、2018年4月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所MXC。

MXCは現在200万人の登録ユーザーを抱え、一日アクティブユーザーが20万人存在する有名取引所のひとつです。USDT、ETH、BTC、EOS、および取引所自社トークンMX建てで、200以上の取引ペアを提供し、24時間取引高は3億ドルを誇っています。

注目の仮想通貨ハンドシェイク(HNS)は、以下の取引所からチェックしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!