スペインの大手銀行5行が、銀行間決済の概念実証(POC)を完了

スペインでブロックチェーンPOCが完了

スペインの大手銀行5行が、銀行間スマート決済プラットフォームの概念実証(POC:Proof of concept)を完了した。このプラットフォームは、スペインの決済サービス企業Iberpay社が管理しており、ブロックチェーンネットワークからの即時クレジット送金を開始できる。

同プラットフォームに参加した銀行は、サバデル銀行(Banco Sabadell)、サンタンデール銀行(Banco Santander)、バンキア銀行(Bankia)、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、カイシャ銀行(CaixaBank)の5行が参加した。

POCはどのように動くのか

POCを完成させるためにIberpay社は、ブロックチェーンネットワークを支払いシステムに接続しました。スペインの決済システム(SNCE:National Electronic Clearing System)と呼ばれるこのシステムは、スペインの全銀行の当座預金間の取引を処理および決済する。

同システムとブロックチェーンネットワークが統合することにより、ブロックチェーンベースのスマートコントラクトを使用した即時クレジット転送が容易になる。支払いは、事前に設定された条件に応じて自動的に行われ、これらの条件には契約の署名や出荷された商品の確認などが含まれる。

POCの一部として、red-iと呼ばれるプライベートインターバンクブロックチェーンネットワークも立ち上げられた。同ネットワークは、分散型台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)またはブロックチェーンネットワークで使用できる銀行サービスの作成を容易にするために設計された。

なお、同ネットワークについては現時点ではまだテスト段階にあり、スペイン主要銀行7行のスノードが含まれている。

POCによってもたらされた成果とは

今回テスト段階まで駒を進めた決済プラットフォームの概念実証(POC)プラットフォームは、すでに2万件を超える即時クレジット送金を実行しており、現時点での支払い完了までの平均時間は2.5秒で完結しているという。

アメリカの大手会計事務所であるGrant Thornton社は、アドバイザーとしてPOCを支援しており、支払いにブロックチェーンを使用することの法的側面の「徹底的な評価」を行っている。

なお、同プラットフォームは、red-iを介して展開されるスマートコントラクトについて、顧客への銀行保証の発行、登録、実行、キャンセルの自動化および高速化することを目的としている。
さらに、このPOCに続いてスペインの銀行は「第2のスコープ」を模索する予定だ。

これにより、red-iと他の非銀行ネットワークまたは混合ネットワークとの間に接続が構築され、Iberpayアプリケーションプログラムインターフェース(API)を通じて即時クレジット転送が開始され、red-iに経路制御される。

記事参照:CoinTelegraph

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!