スイスの銀行、仮想通貨取引所クラーケンに銀行サービスを提供

スイスの銀行、仮想通貨取引所クラーケンに銀行サービスを提供

今月3日、スイスのインコアバンク(InCore Bank)は、ヨーロッパで最大の仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)に銀行サービスを提供するスイス国内初の金融機関になったと発表した。インコアバンクとクラーケンの提携により、クラーケンのユーザーは、カナダドル、スイスフラン、ユーロ、イギリスポンドの4つの法定通貨で取引できる。

インコアバンクのマーク・ダンバッハ(Mark Dambacher )CEOは、デジタル資産として、暗号通貨は現代の資産管理への価値ある追加であり、将来の支払いおよび投資価値として不可欠で、これを提供できることを嬉しく思う。Krakenでインテリジェントかつ革新的な方法でポートフォリオを多様化したい民間および機関投資家は、InCore Bankを介して法定資産を暗号取引所に転送することができると語っている。

クラーケンはアメリカに本社を構えるユーロベースのボリュームに基づくヨーロッパ最大の仮想通貨取引所だ。先月、同取引所はプラットフォームにオーストラリアドル(AUD)を追加し、オーストラリアでのサービス拡大を開始させた。

インコアバンクと協力し、仮想通貨業界と既存金融機関の間のリンクをさらに強化できることを嬉しく思う。彼らはデジタル資産の可能性を深く理解しており、クライアントにとって理想的な資金調達パートナーになっているとインコアバンクの責任者であり、クラーケンでEMEAの支払い担当のマクシミリアン・マレンバッハ(Maximilian Marenbach)氏は述べている。

インコアバンクとクラーケンについて

インコアバンクは2007年に銀行、証券を提供する企業間取引ワンストップバンクとして誕生している。ディーラーとフィンテック企業間のトランザクションバンキングとアウトソーシングサービスを提供。従来資産とデジタル資産のトランザクションバンキング、ビジネスプロセスのアウトソーシングなどをカバーするサービスを提供し、今回のオファリングにより、他の市場参加者は複雑さを軽減し、コアビジネスに集中できる環境が整ったと言える。

クラーケンは、ユーロ取扱い量と流動性に基づいたヨーロッパ最大のグローバルデジタル資産取引所です。EUR、USD、CAD、GBP、JPY、CHFを含む7つのフィアット(法定通貨)と、30を超える銘柄を扱う仮想通貨取引所だ。

2011年に設立されたクラーケンは、暗号で検証可能な予備証明の監査に最初に合格した最初の1つで、400万人を超えるトレーダーから信頼された、ハミングバードベンチャーズを含む投資家によって支えられている取引所だ。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!