暗号資産取引所OKEx、Paxfulと提携で160以上の法定通貨が利用可能に

暗号資産取引所OKEx、Paxfulと提携で160以上の法定通貨が利用可能に

暗号資産取引所OKExは15日、P2Pビットコイン取引プラットフォームPaxful(パックスフル)と提携したことを発表した。これによりOKExのユーザーは、Paxfulのキオスクを通じて160種類以上の法定通貨でビットコインを購入することが可能になる。

サポートされている通貨のリストは、ロシアルーブル(RUB)、ベトナムドン(VND)、インドネシアルピア(IDR)、ナイジェリアナイラ(NGN)、コロンビアペソ(COP)、イギリスポンド(GBP)、メキシコペソ(MXN)、カナダドル(CAD)、ユーロ(EUR)、アルゼンチンペソ(ARS)。購入は銀行振込やギフトカード、オンラインウォレットなど様々 な購入方法を採用している。

Paxfulによる数百万ユーザーへの支払いサポートは、特に制限的な銀行ルールを適用している国では、主要な差別化要因となる。OKExのCEOであるジェイ・ハオ氏は次のように述べています。

「Paxfulと提携し、より多くの人々に暗号通貨を導入することについて非常によく似た目標を共有できることを嬉しく思います。このパートナーシップを通じて、Paxfulの既存のインフラストラクチャと支払いオプションを使用して、発展途上地域のより多くのユーザーにリーチし、OKExの高度なテクノロジーと多様な製品スイートのメリットを体験してもらうことができます。」

Paxfulのキオスクは、通貨とその支払い方法に基づいて取引ニーズの基準を満たし瞬時に照合する機能をユーザーに付与する。同社の顧客はスポット取引や証拠金取引、先物取引などのさまざまな取引オプションへのアクセスが可能となり、OKExのDEXプラットフォームを介したオプション取引への直接アクセスが許可されているため、OKExとの今後のコラボレーションも展開可能だ。

またPaxfulのCEO兼共同創設者であるレイ・ヨセフ氏は、「Paxfulの目標の1つは、暗号化コミュニティの成長を支援することです。私たちはOKExの仕事を賞賛し、私たちの価値観と戦略が一致していることを知っています。このパートナーシップにより、引き続きエコシステムを構築し、実際の支払い方法として暗号化をより利用しやすくしたいと考えています。 」と述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。