コインベース 、継続的なリモートワークが可能に

コインベース 、継続的なリモートワークが可能に

米国の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、パンデミックロックダウンが終了した後、ロケーション中心のリスクを防ぎ、分散化を改善するために、「リモートファースト」の職場に移行すると発表した。

CoinbaseのCEO、ブライアンアームストロングは、全従業員への公開書簡で「検疫の制限が解除された後、Coinbaseは「リモートファースト」であることを受け入れます。つまり、私たちは、オフィスで作業するか、リモートで作業するオプションを提供して、ほとんどの役割を果たします。」と述べた。これにより、COVID-19のすべての制限が取り除かれたあとでも、Coinbaseの全従業員の推定20%から60%が引き続きリモートで作業することになるとのこと。

アームストロング氏は、各従業員の間隔を6フィートに保つなどの予防策が導入されると、Coinbaseは物理的にすべての従業員をサンフランシスコの本社に戻すことができなくなると書いており、これに照らして、同社は「暗号の価値の拡張」として「イノベーションを選択する」ことを決定したようだ。

さらに、アームストロング氏は、「コインベースのビジョンは、より経済的な自由のある世界を作り出すことであり、1つの場所に縛られないことが重要な部分である」と述べ、同社の決定が影響力を発揮すると確信していると語った。

また、この発表は、取引所がコスモスの資産保有者にステーキングリワードをローンチしたのと同じ日に行われており、コインベースプロダクトマネージャーのブライスファーガソンは、コインベースカストディが発生した損失をカバーするため、ユーザーのトークン賭博に関連するリスクを取り除くことができると述べた。

この記事のURLをコピーする