ビットコイン、XRPの140倍のアクティブアドレスが存在

ビットコイン、XRPの140倍のアクティブアドレスが存在

オンチェーンデータ及び、インテリジェンスプラットフォームであるGlassnodeのデータによると、暗号資産の代名詞であるビットコイン(BTC)の1日のアクティブウォレットが、リップル(XRP)の140倍であることをが明らかになった。またアクティブウォレットは、イーサリアム(ETH)は約3倍、ライトコイン(LTC)は11倍と、依然としてBTCの人気はダントツだ。

Glassnodeより画像引用

また分析によると、1日のアクティブウォレットの数だけではなく、毎日生成されるBTCアドレス数も、イーサリアムの5倍であるという。このBTCアドレス数の増加には、ブロック報酬が半減するビットコイン半減期の翌日、24時間でほぼ4万7千に達している状況だ。また1BTC以上を保持するアドレスの数も3,053,970に達している

現時点で存在するビットコインアドレス総数の95%はビットコインを保持しておらず、ビットコインが送金通貨や資産として使用されるには時間を要している。しかし、純粋なイーサリアムもアドレス数はビットコインよりも多い。

2017年末から2018年にかけて急激な価格上昇を記録したビットコインのアドレスは、急激に下落している反面、イーサリアムのアドレスは直実に増加してる。2019年2月以降、イーサリアムのアドレス数はビットコインアドレスを追い抜いており、約1000万多いアドレスが作成されている。時価総額1位と2位の両通貨が今後、どのようにして世界中のユーザーに認知されていくか注目が集まる。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。