リップル、COVID-19との闘いに20万ドルを寄付

リップル、COVID-19との闘いに20万ドルを寄付

Ripple Labs(リップル・ラボ)は、コロナウイルスと戦うために2つの非営利組織に20万ドルを寄付することを発表した。様々な慈善団体や他の研究機関は、COVID-19の拡散に対するより良い予防策を開発するための支援として寄付を行っており、Ripple Labsも2つの非営利組織にそれぞれ10万ドルを提供することを決定したようだ。

Ripple Labsの責任者は『このような困難な時代にあって、リップルはCOVID-19パンデミックへの世界的な対応の一翼を担っています。私たちは、@ tippingpointのCOVID緊急対応基金と@siliconvalleycfのCOVID地域対応基金にそれぞれ10万ドルの寄付をして、自分たちのできることから始めています。」と述べている。

今回の非営利基金の受け入れ企業はどちらも米国に属しており、ティッピングポイントはサンフランに拠点を置き、ベイエリアで蔓延する貧困を軽減するために昼夜を問わず働いているという現状がある。支援はベイエリアから貧困を取り除くのに役立つだけでなく、助成金のサポート、研究、開発、企業の慈善活動、助成金の作成など、他のセクターでの作業にも役立たせるために、コロナウイルス転換点緊急対応基金を立ち上げた。一方、ティッピングポイントコミュニティは「ご協力いただきありがとうございました。 このCOVID-19危機を乗り越えるために、テクノロジーを含むすべてのセクターからリーダーシップを取っていくつもりです」とRippleに返信している。

リップルのみならず、他のテクノロジー企業もさまざまな形で資金を提供しており、 Facebookは多数のマスクを提供することを発表し、テスラはコロナウイルス患者のための人工呼吸器を製造している。また、Ali Babaの共同創設者であるJack Ma氏は、アフリカとアジアの国々でテストキットとマスクを配布しているとのことだ。

この記事のURLをコピーする