米決済スクエア、仮想通貨から法定通貨へ即時スワップ可能な特許取得

米決済スクエア、仮想通貨から法定通貨へ即時スワップ可能な特許取得

ツイッター社のジャック・ドージー氏がCEOを務める決済企業Squareは、リアルタイムのPoSトランザクションにて、法定通貨から仮想通貨へ変換する支払いシステムの特許を取得した。

米国特許庁の資料で明らかになった内容は、ユーザー間の取引に関する支払い要求を受理することを前提に、通貨の価値は平等の金額して交換が可能であるという。すなわち、ユーザーがサービスや商品を購入する際、プライバシーコイン(匿名通貨)を使用し、業者側はリアルタイムで別通貨へと変換された通貨で受け取ることが可能になる。

この特許に目的についてSquareチームは、これまでトランザクション処理やタイムロスや、匿名通貨の決済による売り手のマネーロンダリング、実用的な決済時間が結露k空いてると指摘した。

「すべての暗号通貨は、広く受け入れられていないという点で同じ欠点に直面しています。現在、ビットコインのような暗号通貨は、ほとんどの小売業者、さらにはほとんどのオンライン業者に受け入れられていません。」

Squareの仮想通貨部門は今月21日、ビットコイン関連開発者がマイクロペイメントネットワークを既存の製品と統合できるよう、Lightning開発キット「Lightning Development Kit(LDK)」を発表している。これは、APIや言語バインディング、デモアプリ、Lightningの統合を簡単かつ安全に構成することを可能にするアイテムが開発キッドだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。