スクエア社の仮想通貨部門、ビットコイン少額決済の開発キッド発表

スクエア社の仮想通貨部門、ビットコイン少額決済の開発キッド発表

ツイッター社のジャック・ドージー氏がCEOを務める決済企業Squareの仮想通貨部門は21日、ビットコイン関連開発者がマイクロペイメントネットワークを既存の製品と統合できるよう、Lightning開発キット「Lightning Development Kit(LDK)」を発表した。

発表された新製品には、APIや言語バインディング、デモアプリ、Lightningの統合を簡単かつ安全に構成することを可能にするアイテムが開発キッドに含まれている。またSquareの仮想通貨部門は、利益を目的としない非営利団体として、以下のビットコインの普及を目指しているという。

「ビットコインが広く使われているグローバル通貨(停止、改ざん、または誰にも有利に仕掛けられない通貨)になるには、ビットコインのUX、セキュリティ、プライバシー、スケーリングの改善が必要です。」

また発表では、Square Cryptoは、様々な資金調達を問題とする開発者チームが、プロジェクトのために取り組むための優れた立場を提供することができる説明。同社が世界初のサービスとして、ビットコインの潜在的な投資家の使用に重大な影響を与え、オープンソース開発者の注目を集めるものにしたいと述べている。

開発者は、Lightning開発キットを使用することで、新しいソフトウェアを作成する必要がなく、独自ウォレットとライトニングングネットワーク(Lightning)を簡単に作成できる。またSquare Cryptoは、ウォレット開発者との協議により、企業へのビットコインのマイクロペイメントネットワークへのスムーズな統合のために、プロジェクトを実施する判断に至ったという。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。