JPモルガン、機関投資家の動き鈍化で先物ポジション解消の可能性指摘

機関投資家鈍化でトレーダーが先物ポジションを解消の可能性

New Yorkに本拠を構える、投資銀行を中心としたグローバル総合金融サービス企業のJPモルガンによって、ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引は、ビットコインの機関投資家の参加が鈍化したことを理由に、先物ポジションを解消する可能性が高いと指摘された。

CoinMarketCapより画像引用

CoinMarketCapの調べによると、ビットコインが先週も下向きの圧力に直面し続けているように、機関投資家の関心も現在衰えている。JPモルガンのアナリストは、ビットコインの価格が40,000ドルに戻ることは、最大のビットコインファンドであるグレイスケールビットコイントラスト(GBTC)への機関投資家の流入が鈍化しているように思われると考えている。

ニコラス・パニギルゾグロウ(Nikolaos Panigirtzoglou)氏率いるJPモルガンのストラテジストは、GBTCの4週間の移動平均が「ピークに達したように見える」と述べた。前回のグレースケールアップデートによると、ビットコイントラストのAUM(Assets under management=資産運用残高)は2兆1,150億円に減少した。JPモルガンのファンドにおけるスライドは22%と速く、BTC価格は同期間に17%下落したと述べている。

また、アナリストは機関の流入が遅くなるにつれ、ビットコイントレーダーは立場を解き放つ可能性が高いと付け加え、次のように述べている。

現時点では、Grayscale Bitcoin Trustの背後にある制度的な動向は、Bitcoinが40,000ドルを超えるほど強力ではない。リスクは、勢いのあるトレーダーがビットコイン先物のポジションを解消し続けることで、短期的なリスクバランスは依然としてマイナス面に偏っています。

ただ、最近グレイスケールはビットコイン購入に戻り始めている。Bybtのデータ https://www.bybt.com/Grayscale によると、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)は2021年1月14日以来4万ドル以上のビットコインを購入しており、15億ドル、約1,555億円以上を注ぎ込んでいる。

機関投資家がクジラのビットコインをすくい上げる

別の分析では、クジラのビットコイン保有者とマイナーは昨年、機関への供給を失っており、OKExのアダム・ジェームズ(Adam James)氏はブルームバーグに次のように語っている。

昔ながらのビットコイナーは、古いバッグの一部を新しい機関投資家に販売し、新しいバッグを詰めている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。