仮想通貨取引所フォビ、機関投資家向け仲介プラットフォームを発表

仮想通貨取引所フォビ、機関投資家向け仲介プラットフォームを発表

世界最大級の仮想通貨プラットフォームHuobi(フォビ)は21日、毎年恒例のDavosフォーラムにて、仮想通貨の仲介プラットフォーム「Huobi Brokerage」の立ち上げを発表した。この新サービスは、国際的なブロックチェーン企業の仲介プラットフォームとして活躍し、機関投資家や富裕層へ仮想通貨取引やOTCなど様々なサービスを提供する。

昨年11月、フォビはGlobal Institutional Business(GIB)と呼ばれる機関顧客を対象とする新たな設立された。そして今回の仲介プラットフォーム「Huobi Brokerage」はGIBの最初のサービスとなる。今回の発表についてHuobi Groupのグローバルビジネス担当兼副社長Ciara Sun氏は、次のように機関投資家へのアプローチについて述べている。

「そこ機関投資家や富裕層は2020年に暗号経済の成長とそれ以降の主要な貢献者になることを業界全体のコンセンサスだが、低流動性や資産の強化製品の欠如のような障壁が広く採用をストールされている。機関のニーズに応え、既存の障壁を排除する機関グレードの製品と流動性ソリューションを導入することで、暗号経済全体の前進を支援することを目指しています。」

Huobi Brokerageは主に、高度な取引アルゴリズムとスマートオーダールーティング(SOR)を活用し、高品質の流動性プールやOTC取引向けのオールインワンソリューションへのアクセスなどを機関投資家に提供する。

またプラットフォームを介してユーザーは、リアルタイムの取引相場と即時の価格ロックへのアクセスはもちろん、BTCやUSDT、HUSD、PAX、TUSD、USDCなどステーブルコインの大量取引をサポートする。今後はこれら通過だけではなく、主要な通貨であるETH、EOS、BCH、LTC、XRPのサポートを2020年第1四半期に予定しているという。

これらのHuobi Brokerageによる新サービスはフォビが現在、大量の取引量を獲得している取引所のユーザーよりも高い流動性を生む可能があり、潜在的な機関投資家や富裕層の個人を獲得するのに役立つということだ。

記事参照:The Block

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。