バイナンス、ベトナム法定通貨をP2P取引に追加

バイナンス、ベトナム法定通貨をP2P取引に追加

仮想通貨取引所バイナンスは20日、ベトナムの法定通貨ベトナムドン(VND)をP2P取引に追加した。発表によると、ユーザーはバイナンスアプリにて、最新バージョンのバイナンスP2Pプラットフォームを使用し、BTC、USDT、ETH、およびBNBをVNDで売買することが可能になった。

バイナンスは昨年10月、中国にてP2P取引を開始している。中国は事実上、仮想通貨のいた取引が制限されており、P2P取引を活用したサービスには需要が見込まれていた。

バイナンスは今年初めからP2P取引を始め、バイナンスプラットフォーム全体の法定通貨サポートを強化している。今月10日に追加された法定通貨は、チェコのコルナ(CZK)、ブルガリアのレフ(BGN)、ルーマニアのレウ(RON)の3つである。

バイナンス、3つの法定通貨を追加|CZK、BGN、RON

2020.01.10

また今月3日には、同プラットフォームの法定通貨サポートを拡充することを発表しており、バイナンスのCEOは世界180カ国法定通貨さサポートすることを目指している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。