ビットフライヤー、仮想通貨BTGを日本円で付与 =ハードフォーク

ビットフライヤー、仮想通貨BTGを日本円で付与 =ハードフォーク

国内の仮想通貨取引所ビットフライヤーは本日3日、以前ビットコイン(BTC)からハードフォークで誕生したビットコインゴールド(BTG)を「日本円」で付与することを決定し、公式発表した。BTGの付与については、日本初の事例となるようだ。

ビットフライヤーの発表によると、付与予定の日本円については、ハードフォーク時点(491,406ブロック)で、ビットフライヤーにBTGを預けていたユーザーが対象となる。付与対象者については、「2019年12月末」と「2020年3月」の2回に分けて付与を予定しているため注意が必要だ。

また、対象ユーザーはビットフライヤーでのKYC(本人確認)およびトレードクラスへのアカウントレードアップが必要となるため事前に準備をする必要がある。

ビットフライヤー、リップル社の仮想通貨XRPを取扱開始

2019.12.02
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。