仮想通貨取引所バイナンス、ロシア法定通貨「ルーブル(RUB)」に対応

仮想通貨取引所バイナンス、ロシア法定通貨「ルーブル(RUB)」に対応

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は30日、ロシアの法定通貨ロシアルーブル(RUB)を同プラットフォームに追加した。バイナンスの公式発表によると、ユーザーはロシアルーブルをバイナンスへ入金することが可能になり、仮想通貨を購入することができる。

現時点でロシアルーブル(RUB)で購入可能な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)の主要仮想通貨のみとなっている。また発表では、以下のアナウンスを行なっている。

  • 銀行カードによる入金と引き出しは、ロシアのカードのみをサポート。
  • 銀行カードの場合、AdvCashは入金ごとに3%、引き出しごとに2.5%と50 RUBを請求。
  • Advcashウォレットの場合、入金と引き出しは無料。
  • 入出金に関係なく、AdvCashの検証に最初に合格する必要がある。

バイナンスとロシアの関係性

ロシアルーブルへの対応については今年10月、バイナンスのCEOであるyChangpeng Zhao(CZ)氏は、ロシアのモスクワで開催されたカンファレンスOpen Innovations conferenceにて、「約2週間ほどで、ロシアルーブルを直接サポートする必要があります。そのため、ロシアルーブルを使用してBinance.comにて仮想通貨を購入することが可能になります」と発言していた。

またバイナンスとロシアの関係で見ると、CZ氏が「ウラジミール・プーチンはブロックチェーン分野で最も影響力のある人物である」と語っており、ロシアとの親密性が伺えた。

バイナンスプラットフォームは2019年突入してから、仮想通貨を購入するユーザーの利便性を向上するため、各国の法定通貨の入出金を急激に拡大している。しかし、仮想通貨の法整備や規制当局が厳しい日本の「円」での入出金は執筆時点で対応していない。しかし今後、ブロックチェーンおよび仮想通貨の法整備が各国で統一されることになれば、円での入出金も対応する可能性はありそうだ。

ロシアのプーチン大統領、「2019年7月1日」までに仮想通貨に関する規制を制定

2019.02.28
この記事のURLをコピーする
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。