フェイスブックCEO、トランプ大統領と会談|仮想通貨リブラの話題は取り上げられたのか

フェイスブックCEO、トランプ大統領と会談|仮想通貨リブラの話題は取り上げられたのか

仮想通貨Libra(リブラ)を構想するFacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、消費者のプライバシーを保護するSNSの失敗について議員から質問を受けており、これらの解決を目指して米国大統領ドナルド・トランプ氏と会談を行った

会談についてトランプ大統領は、「いい会合だった」とツイートしているが、どのような内容が交わされたのかは明らかになっていない。

ホワイトハウスで行われた今回の会談は、一見、Facebookが構想する仮想通貨リブラとは関係が無いように見えるが、プライバシー問題がリブラの大きな懸念材料となっている。

マーク・ザッカーバーグ氏は今月19日、米国上院議員であるJosh Hawley議員と会合を行い、フェイスブックが抱えるInstagramおよびWhatsAppを売却するように求めていたが、それを否定。一部の米国議員らからの批判が止まらない状況なのだ。

フェイスブックがユーザー情報を自由に閲覧できる

さらに昨年8月頃、米中間選挙の活動についてフェイスブックは、外国からの介入防止を目的とし、ロシアとのつながりが疑われる30以上のページやアカウントを削除。また同月、ミャンマー軍に関連する18のアカウントと52のページの削除したとして、非難を浴びたのだ。

これらの懸念は、フェイスブックのリブラが統一通貨として確立された場合、フェイスブックがユーザーの情報を自由に閲覧し、私的に利用できる可能性を非難されている。

イーサリアムの創設者、フェイスブックの仮想通貨Libraを批判

2019.07.08

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。