総リップルアカウントの0.01%が、約4億円相当の仮想通貨XRPを保有

総リップルアカウントの0.01%が、約4億円相当の仮想通貨XRPを保有

時価総額3位に位置する仮想通貨リップル(XRP)NO保有アカウントについて、新たなデータが公開された。

2019年8月26日時点の「XRP Richlist stats」のデータによると、リップルを保有する全1,794,754アカウントに対し、0.01%に相当する55アカウントが14,231,299XRP(約4億円)以上保有していることが分かる。次いで0.1%に相当するアカウントが14,231,298(約4億円)~723,050XRP(約2000万円)の間の数量を保有していた。

XRP Richlist statsより画像引用

さらに、総アカウントに対して、10.1%未満に相当するアカウントが12,217XRP(約34万円)以上保有していることも判明。

仮に1人1アカウント所持なら、10人に1人は少なくとも34万円分以上のリップルを保有していることになる。ちなみに現時点で出回っているリップルの数量は42,932,866,967XRPで、約1.2兆円だ。

上位保有者の保有量の変化

データには6月3日から8月26日までの各アカウントカテゴリーの保有量の増減を現す「トレンド」も確認できる。このトレンドを見ると、クジラと呼ばれる保有者が属する最上位のカテゴリーは、この期間の保有量が減少傾向にあった。6月3日時点では、全アカウントに対して0.01%に相当するアカウントが17,500,000XRP(約5億円)以上保有していたのだ。

約1億円以上保有量が減ったことになる。以降のカテゴリーでは大幅な減少は見られなかった。なお、こちらの記事によれば、2018年6月15日時点の0.01%のアカウントが20,140,900XRP(約5.7億円)以上保有していたという。

ただ、全体を見た印象としては、上位のカテゴリーほど期間中は弱気傾向だった。そして133,507XRP(約380万円)~9,575XRP(約27万円)の間で数量を保有しているアカウントの5カテゴリーは、一度大きく減少したものの、7月に入ると保有量が右肩上がりに増加した。

リップル大量保有者

リップルを大量に保有しているのはやはりRippleNetだ。上位55アカウント中11アカウントで管理している。取引所で名前が分かっているのは、上位55アカウント中、Bitstamp・Bitbank・Binance・コインチェック・Bithumb・Kraken・Houbi・Bittrex・Bitfinex・Okexなど。この記事を書いている2時間前には、コインチェックで700万XRP(約2億円)の(おそらく取引所内の)移動があった。

今更聞けないリップル社の4つの送金プロダクトを徹底解説

2019.06.27

仮想通貨XRPの売却を止めるため、リップル社に要求する「嘆願書」が公開

2019.08.26
この記事のURLをコピーする