ビットコインは心理的トレンドラインの120万円を突破|上昇は続くのか

ビットコインは心理的トレンドラインの120万円を突破|上昇は続くのか

ビットコイン(BTC)は5日、心理的トレンドラインである120万円を突破し、それに続いて仮想通貨市場も好調をみせている状況だ。ビットコインに続く、イーサリアムも執筆時点で5%近い上昇率を記録し、ETH価格は24,380円。またリップル(XRP)についても2.3%上昇の34.23円まで上昇している。

ビットコインが120万円の心理的トレンドラインを突破したのは、先月から約20日ぶりとなり、今後は好調に推移する予想が多く挙がっている。

実際に最近の仮想通貨および、ビットコインは苦しい状況に置かれており、先月31日に米連邦準備理事会(FRB)、2008年12月の金融危機直後以来となる約10年半ぶりに利下げを発表。この影響によってビットコインは下落する可能性があることが示唆されていたが、価格は下落することなく、BTC価格は踏みとどまる形となっていた。

RSIで見る「買われ過ぎ」の領域に

一定期間における値動きの強弱を数値化した指標である相対力指数(RSI)は現在、50を上回っており、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場が強気の相場に突入し始めていることを示している。一方でStochastic RSIによるビットコインの指数は現時点で「買われ過ぎ」の状況にあり、ビットコインの価値が価格に比例しない場合には、価格修正が起こる可能性が十分にある。

著名人の価格予想

仮想通貨市場で最も影響力のある人物の一人である、仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は今月2日、自身のツイッターにて「もしあなたがBTCを10,000ドル以下で売却した場合、自分をビンタしてください。」と現状のビットコインを手放すことを批判している。

それに対して、Twitterのフォロワー数15.6万人を抱える有名アナリストThe Crypto Dog(@TheCryptoDog)は、ビットコインについて「BTCが今後2ヶ月間(8月から9月)静止するかもしれないが、ETHXRPなどのアルトコインが急激な上昇を見せる可能性がある。」とツイート。

ビットコインが堅調に価格を伸ばすことが期待されてており、今年中には2018年始に記録したビットコインの過去最高価格を更新する希望が見えてきた。

「ビットコインは今後2ヶ月静止するが、ETHやXRPなどが急上昇する可能性がある」=Twitterフォロワー数15万人アナリスト

2019.07.31

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。