タイは透明性のあるポリシーで仮想通貨マイニングを積極的に採用

タイではマイニングファーム受け入れで自国経済プラスの影響

中国が仮想通貨市場とマイニング業を厳しく規制を実施した後、タイを含む複数の国が中国に変わるマイニング企業の焦点になり、その一つとして注目されているタイでは、マイニングファームの受け入れにより、自国経済にプラスの影響を与えていることが分かった。

中国政府による仮想通貨およびマイニング規制実施後、仮想通貨マイニング企業者らは、仮想通貨ポリシーのため、米国、ロシア、さらにはカザフスタンへと拠点を移したが、タイの首都バンコクが多くのマイニング業者により主要点となっている。

あらゆる面で仮想通貨取引をサポート

タイでは国民10人あたり、少なくとも3人が仮想通貨が何であるかを知っているテクノロジーに理解を持つ国として際立っている。

アジアビジネスと経済に特化したメディアであるNikkei Asiaは、タイ国内の仮想取引が2020年と比較して2021年には400%を超えたことを示している。これは2021年2月と、同年10月に66,000ドルの価格で取得されたビットコインATH(All Time High=過去最高値)によるものとみられる。仮想通貨取引はタイを圧巻しているだけでなく、バンコクに本拠を置く金融コンサルティングサービスを手掛けるBrooker Group(ブルッカーグループ)のような大企業から持ち込まれた仮想通貨マイニングも含まれている。報告によると、同社はビットコインをマイニングするため、マイニングリグ購入に約200万ドル(約2億2,000万円)を投資している。さらにタイでは、仮想通貨マイニングマシンに9,920万ドル(約112億円)以上を費やしたJasmine Technology Solutionsを主催。両社は、エネルギーの支払いが満たされればの前提ではあるが、タイがマイニング業を推進していることを示唆している。

仮想通貨マイニング事業が台頭中

タイのマイニング企業は、エネルギーの支払いが少ないことや規制政策がないことなど、タイであるからこその利益を得ている。しかし、タイの領土も電気的故障に苦しんでおり、これは特定の方法でこれらのマイニングファームの最適な機能を妨げている。

タイは、投資家の好みでもある仮想通貨に対する厳格な法律を作成していないアジアで数少ない国の1つである。国内にいくつの仮想通貨マイニングファームが存在するかは正確にはわかっていないものの、ほとんどの場合、中国または他のアジア諸国から移動してきた企業だ。マイニングに関する開発は、テキサスが最大の仮想通貨会社を持つ州として際立っている米国でも優先されているのが現状である。

CoinMarketCapより画像引用

仮想通貨マイニング創業により、トークン、主にビットコインの成長が可能になりる。ビットコインは、グローバル抽出が最も高い仮想通貨である。2022年1月14日12時時点の価格は、CoinMarketCapの調べによると、1BTC=485万円(42,600ドル)台後半を推移しており、前日同時刻比-1.92%、1週間で-0.72%、時価総額も92兆212億円と、芳しくない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。