最有力のビットコインETFの承認日が「5月21日」に迫る|またもSECの承認は延期なのか?

最有力のビットコインETFの承認日が「5月21日」に迫る|またもSECの承認は延期なのか?

米国ニューヨーク州に拠点を置く投資運用企業VanEck(ヴァンエック)をはじめとするSolidX(ソリッドエックス)社らは、現時点で申請を行っているきビットコインETFの可否判断日が「5月21日」に迫っている。

ビットコインETFとは、金融商品の中でもビットコイン(BTC)だけに焦点を当てた証券取引所に上場されている投資信託である。

VanEck(ヴァンエック)および、SolidX(ソリッドエックス)社と共に米証券取引委員会(SEC)に申請を行っているシカゴオプション取引所(cboe)のビットコインETF「VanEck SolidX Bitcoin Trust」は、現時点で提出されているビットコインETFでもっとの承認が期待されており、もし承認されることになれば、その他の金融市場からビットコインへと大量の資金が流入する。

VanEck(ヴァンエック)社らが申請しているビットコインETFの他にも、米国で仮想通貨関連の投資マネジメントを提供するBitwise(ビットワイズ)社のビットコインETFは今月16日、可否判断日を今年8月まで延期することを発表している。

ビットコインETFはいつ承認されるのか?

ではビットコインETFは承認決定されるのでしょうか。仮想通貨をはじめとするブロックチェーンやそれらの規制などの専門的な知識を持つ弁護士Jake Chervinsky氏は19日、自身の公式Twitterにて「VanEck(ヴァンエック)社らが申請するビットコインETFは、拒否される可能性が最も高い。」と、ビットコインETF承認について言及した。


同氏がビットコインETFが拒否される理由として、先日延期を発表したBitwisw(ビットワイズ)社のビットコインETFと一緒に延期の発表を行わなかったことが、同氏の考えるビットコインETFの承認拒否の理由である。

それも、これまでビットコインETFの承認および延期の発表は、複数のビットコインETFがSECに対して申請を行っていた場合、同時に発表されていた。しかし今回、SECの発表はビットワイズのみの延期しか発表されていないことから、拒否される可能性が高いという。

しかし、この考え方で考えてみると、VanEck(ヴァンエック)社ら申請しているビットコインETFが承認される可能性も十分にある。

ですが、これまでのビットコインETFの承認ついてSECは慎重な姿勢を見せており、現在のビットコインが好調な市場では、ビットコインETFの承認は考えにくく、今回も承認日の延期が妥当な決定であることが予想されている。

SECに申請中の最有力ビットコインETFが申請を取り下げ|ビットコイン(BTC)が暴落していない理由とは?

2019.01.24
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。