テニスの女王セリーナ・ウィリアムズがCoinbaseに投資していた事が明らかに

テニスの女王セリーナ・ウィリアムズがCoinbaseに投資していた事が明らかに

テニス界の女王であるSerena Williams(セリーナ・ウィリアムズ)は、自身が立ち上げたベンチャーキャピタル「Serena Ventures」の投資先について詳しい情報を明らかにし、その中にアメリカ最大の仮想通貨取引所Coinbaseが含まれていたことがわかった。

セリーナはフォロワー1,090万人を持つ自身のInstagramに、過去5年間で静かにポートフォリオを構築し、様々な企業に投資してきたことを報告した。

2014年に私はSerena Venturesを立ち上げ、様々な業界の創設者に機会を提供することを使命としてきました。
Serena Venturesは多様なリーダーシップ、個人の地位向上、創造性、そして機会を受け入れる企業に投資を行っています。

Serena Venturesは30を超える企業に投資を行っており、Coinbaseはその内の一つだ。

Coinbaseは、サンフランシスコを拠点とするアメリカ最大の仮想通貨取引所であり、最も信頼される取引所でもある。

一般的に、仮想通貨をはじめとする関連事業はまだまだ世界的な信頼を得られていない。
セリーナのような、世界的に有名なスポーツ選手などが仮想通貨事業に投資を行うことは、信頼の蓄積という観点から非常にポジティブなニュースと言える。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。