取引所コインベースは、CoinbaseProへ仮想通貨4種類の上場を発表

取引所コインベースは、CoinbaseProへ仮想通貨4種類の上場を発表

米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は19日、同取引所が運営する「Coinbase Pro(コインベースプロ)」へ「DAI、GNT、MKR、ZIL」4つの仮想通貨を上場することを発表した。

しかし、今回上場した仮想通貨4種類を取引する上で、国ごとに投資家やユーザーは制限がされているようだ。

DAI、GNTは、米国(ニューヨークを除く)をはじめ、英国、EU、カナダ、シンガポール、オーストラリアの6カ国のコインベースプロのユーザーに提供。MKR、ZILは英国、EU、カナダ、シンガポール、オーストラリアの5カ国のコインベースプロのユーザーにちえ供されるようだ。

MKR、ZILについては、米国のユーザーには現時点で提供されることは発表されておらず、準備が整い次第、取引できる国を増やしてくという。


コインベースプロは以前から仮想通貨30種類をコインベースプロへ上場させるとして、リストを公開しており、7日には「CVC、DNT、LOOM、MANA」の4通貨を上場しており、今回上場した仮想通貨合わせるとすでに、16通貨が上場している。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットキンキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ゼロエックス(ZRX)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ディセントランド(MANA)
  • ディスクリクト0x(DNT)
  • シビック(CVC)
  • ルームネットワーク(LOOM)
  • ゴーレム(GNT)
  • ダイ(DAI)
  • メイカー(MKR)
  • ジリカ(ZIL)

また、今回上場した「DAI、GNT、MKR、ZIL」の4通貨は、12月18日午前11時45分(UTC)からコインベースプロへの入金がスタート可能であり、少なくとも12時間の入金時間を設けることが記載されている。これにより、実際のコインベースプロへと上場した4種類の仮想通貨は12月18日午後11時45分(UTC)に取引スタートとなる。

これらの上場に関するアナウンスから「DAI、GNT、MKR、ZIL」の価格は、仮想通貨全体が上昇しているものの、平均して10%以上の上昇率を見せている。

仮想通貨リップル(XRP)を含む30通貨以上が米仮想通貨取引所Coinbase(コインベース )上場候補になると発表!

2018.12.08

コインベースのイベントとは

コインベースの発表は「CVC、DNT、LOOM、MANA」の4通貨の樹上からスタートし、18日には「Convest」と呼ばれる機能を実装し、ビットコイン(BTC)を含める6通貨の仮想通貨を、他のブロックチェーンを基にした仮想通貨へ交換できるサービスを公開した。

12日間の重大発表期間として今回は「DAI、GNT、MKR、ZIL」の上場したが、残りの3日間さらなる大きな上場や発表が期待されている。

取引所Coinbase(コインベース)|異なる仮想通貨を変換できるサービス「Convest」を発表

2018.12.18

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。