老舗ゲーム企業「Atari」が2つの人気アプリのブロックチェーン版をリリース予定

1972年に創業されたアメリカの老舗ゲーム会社「Atari」が、ブロックチェーンのスタートアップ企業「Animoca Brands」と2つの人気アプリのブロックチェーンゲーム版を作成するライセンス契約を締結した。
12月18日にプレスリリースにより発表され、AtariとAnimoca Brandsの2社はゲーム、製品開発、ブロックチェーン、その他分野での戦略的パートナーシップを結ぶ覚書も締結している。

今回ブロックチェーン版の開発が決定した人気アプリは「RollerCoaster Tycoon Touch」「Goon Squad」の2つである。

RollerCoaster Tycoon Touchは世界で1900万ダウンロードを記録しており、日本語版もリリースされている。
このアプリはアミューズメントパーク経営シュミレーションゲームで、遊園地のオーナーとなり様々なアトラクションや施設を建設して自分だけのテーマパークを創り、運営していくというアプリだ。
ストアレビューの評価も好調で、人気アプリと言えるだろう。

Goon Squadは、ギャング世界が舞台となっており、様々なタイプのカードを使い相手のタワーを落とすという「リアルタイムカードゲーム」である。
日本でも人気のある「クラッシュ・ロワイヤル」のようなゲーム性といえばわかり易いだろうか。

ブロックチェーン版には、交換可能なトークン(NFT)の統合が予定されており、これらアプリのリリースは2019年後半を予定している。

AtariのCEOであるFrederic Chesnaisは次のようにコメントしている。

私たちは、Animoca Brandsと長期的かつ戦略的な関係を結ぶことを誇りに思っています。
この契約により、ブロックチェーンゲーム業界、他のAtari製品とのさらなる協力関係を築くことができれば幸いです。