DMMBitcoinの口座開設を解説

DMMBitcoinの口座開設方法を解説

DMMビットコインとは?

DMMビットコインとは、DMMグループに所属している仮想通貨取引所です。金融庁にも認可されており、関東財務局長第00010号の仮想通貨交換業者として登録されています。
2018年1月11日からサービスを開始しており、ビットコイン・イーサリアム・ネム・リップル・ライトコイン・イーサクラシック(イーサリアムクラシック)・ビットコインキャッシュの計7銘柄を取り扱っています。

ただし現物取引を行っているのはビットコインとイーサリアムのみです。ネム・リップル・ライトコイン・イーサクラシック(イーサリアムクラシック)・ビットコインキャッシュの5銘柄は、レバレッジ取引専用の銘柄になります。

DMMビットコインの特徴は、全体的に手数料が安いことにあります。取引手数料は現物取引・レバレッジ取引ともに無料、仮想通貨の送金もマイナーへの手数料分だけとなっています。
DMMビットコイン専用のアプリも用意されており、iOSとアンドロイドの両方とも無料で使用することが出来ます。アプリを通じて現物取引・レバレッジ取引をすることも可能です。

DMMビットコインの注意点は、毎週水曜日の12時から18時までメンテナンスが行われていることです。
本来仮想通貨はFXや株とは異なり、土曜日・日曜日・祝日でも取引が行われています。しかし定期的な休みが無いためにメンテナンスが行き届かないという問題点も抱えています。
サーバーダウンへの対策やセキュリティ向上のためと割り切りましょう。

その他の問題点としては、2018年11月現在DMMビットコインでは、現物取引でも板取引が行われていません。そのため現物で仮想通貨の取引をするには向いていない取引所となります。レバレッジ取引を考えている人の取引所といえるでしょう。

DMMビットコインの登録、口座開設のやり方

DMMビットコインの口座開設は仮登録、本登録と2段階で行われます。まずは仮登録から行いましょう。

DMMビットコインのトップページ右上に口座開設という部分があります。ここから口座開設を行うことが可能です。口座開設をクリックすると、以下のような画面になります。ここからが仮登録となります。

メールアドレス登録(仮口座登録)

仮登録ではメールアドレスが必要になります。事前にDMMビットコイン登録用のメールアドレスを準備しておきましょう。
※メールアドレスはハッキングを避けるため、取引所ごとにメールアドレスを変更しましょう!

  1. メールアドレスの入力
  2. チェックを入れて「同意して登録する」をクリック

仮登録まで完了すると、仮登録①で入力したメールアドレスにDMMビットコインから仮登録を行ったことを確認するメールが届いています。

緑で塗りつぶした部分にURLがありますので、そのURLをクリックして認証を行います。

パスワードの設定

続いてパスワードの登録を行います。パスワードもメールアドレス同様に他の取引やコンテンツに使用しているものは避けましょう。

パスワードにはアルファベットと半角英数字をそれぞれ1文字ずつ以上を含めて入力してください。

パスワードは8文字から20文字の半角英数字と記号を使用することが可能です。

  1. パスワードの入力
  2. パスワードの再入力

①と②の2箇所にパスワードを入力することになりますが、②はパスワードの確認用となっています。①と②は同じパスワードを入力しましょう。

仮登録完了の確認とサイトへログイン

ここまでで仮登録が完了になります。次はマイページにログインしてから本登録に入ることになります。

本登録に必要なものは、運転免許証やパスポートが必要になるため事前に準備をしておきましょう。


本登録を行う前に、仮登録で行ったメールアドレスとパスワードの確認が必要になります。

 

①には仮登録したメールアドレス、②に仮登録したパスワードを入力しましょう。③のチェックボックスをクリックして送信するとマイページにログインすることが出来ます。

口座開設を申し込むためには、さまざまな確認事項・本人確認・アンケートへの回答が必要になります。面倒に思われるかもしれませんが、全て目を通しておくことをお勧めします。

本人確認のために名前・生年月日・電話番号・住所などが必要になります。メールアドレスという項目がありますが、こちらは仮登録で入力したものが始めから記入されているので改めて入力する必要はありません。



アンケート内容は取引目的や取引動機などになります。取引目的は5つ項目がありますが、ひとつに絞る必要はありません。自分の考えているものに近いものを選びましょう。


続いて本人確認のための書類提出が行われます。DMMビットコインで認めている本人確認書類は、以下のものです。

1つの書類で大丈夫なもの(顔写真付き確認書類)

免許証・パスポート・住民台帳基本カード・在留カード

2つの書類が必要なもの(顔写真なし確認書類)

各種保険証・住民票の写し・年金手帳・印鑑登録証明書・その他官公庁から発行又は発給された書類

これらの書類が準備できてても、氏名・住所・生年月日などが確認出来なければ口座開設が出来ません。鮮明に写っているものを用意しましょう。また各種書類は有効期限内であることが条件となります。
書類をアップロードする時には、①でアップロードする書類の種類を選択し、②で実際にアップデートする書類の画像を選びます。もし書類の裏面にも記載がある場合は、③にアップロードしましょう。

最後に携帯電話を使った認証が行われます。緑で塗りつぶしたところには、本登録時に入力した電話番号が始めから記入されています。
①をクリックすると表示されている電話番号に6桁の認証コードが記載されたSMSが送られてきます。②に認証コードを入力して認証を済ませてください。

以上で口座開設申し込みが完了です。口座開設の審査に通過すると、DMMビットコインから本登録完了後の認証コードなどが書かれた書類が送られてきます。
後は書類の指示に従い認証コードを入力すると、取引が可能になります。以上がDMMビットコインの口座開設方法です。

この記事のURLをコピーする