【仮想通貨用語集】『仕手』とは?

仮想通貨における『仕手』とは?

仕手とは、基本的には投資の世界で使われてきた用語になります。

仮想通貨においての「仕手」とは、多額の資金を持った投資集団や・仮想通貨グループなどが特定の仮想通貨に対して、大量の買いや売りを一時的に行いうことで取引による値動きを人工的に作り上げ、一般投資家などを誘導し、仮想通貨の急騰・下落を起こして利益を得る手法です。

この仕手は水面下で行われることが多く、仮想通貨市場では有名ではない仮想通貨で行われることが多く見られます。

仮想通貨での仕手は主に急騰をさせることが多く、投資集団や・仮想通貨グループなどが多額の買い注文をし、一般投資家などがつられて買い注文を行います。価格を人工的に上昇させたところで投資集団や・仮想通貨グループなどが売りに出すことにより利益を出します。

『仕手』の使用例

特定の通貨が急激に伸びているので、仕手の可能性が高い。

仕手を行うために資金を大量に集める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)