【仮想通貨用語集】『Crypto(クリプト)』とは?

仮想通貨における『Crypto(クリプト)』とは?

仮想通貨の英語の正式名称は「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」と言います。

暗号を意味する「crypto」と、通貨を意味する「currency」を組み合わせた「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」が英語の正式名称になります。

一般的にCryptocurrency(クリプトカレンシー)と呼ばれることが多いですが、「Digital currency(デジタルカレンシー)」や、「Virtual currency(バーチャルカレンシー)」と呼ばれることもあります。

暗号化され取引を行う仮通貨の特性を象徴した暗号通貨という意味合いで表現されます。

仮想通貨(通称:Cryptocurrency(クリプトカレンシー))という言葉は、インターネット上で使われる通貨全体(電子マネー、ポイントなど)のことを指し、その一部のビットコインやイーサリアムなどの通貨は暗号通貨と呼びます。

日本ではビットコインなどは「仮想通貨」と呼ばれることが多いですが、日本で仮想通貨に大きな関係性がある金融庁は、「暗号通貨」と正式に名称を伝えています。

『Crypto(クリプト)』の使用例

  • CryptoCurrency(クリプトカレンシー)
  • CryptoToken(クリプトトークン)
  • Crypto Jack(クリプトジャック)

「Crypto」関連のおすすめ記事

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。