ウズベキスタンで仮想通貨が合法化

ウズベキスタンのシャブカット・ミルジヨエフ大統領は仮想通貨取引を合法化及び仮想通貨取引のためのライセンスの発行を行うと6日、仮想通貨関連の情報サイトBitcoin.comが発表した。

地元メディアの報道によると、ウズベキスタンで仮想通貨交換業のライセンスを受けるためには「ウズベキスタン国内に子会社あるいはその他企業を設立した外国法人であること」「ウズベキスタンの商業銀行に十分な資金を保有していること」「仮想通貨取引プラットフォームに使用するサーバーをウズベキスタン国内で管理すること」という3つの条件を遵守する必要がなる。

また非営利団体を含む法人、個人ともにウズベキスタンでの仮想通貨に関する営業活動によって得られた売上高は税金の対象にならない。

ウズベキスタン国家元首の決議書には、仮想通貨のマイニング事業に関する記述もある。100KW/h以上の電力を使用する工業用地をウズベキスタン国営のエネルギー企業「Uzbekenergo」「Uzbekgidroenergo」の2社に割り当てられる予定となっている。
割り当てられた土地は大統領管理となり、国家プロジェクト管理庁と協調して運営される。

この記事のURLをコピーする