GMOインターネットグループがカカオ系Klaytnとパートナーシップ締結:新時代のブロックチェーンビジネスを模索へ

GMOがKlaytnとパートナーシップ締結

日本最大の総合インターネットグループのひとつであるGMOインターネットグループ(GMO Internet Group)は、Kakao Group(カカオグループ)によるブロックチェーンイニシアチブであるKlaytn(クレイトン)のブロックチェーンビジネスシナジーを探求するために、クレイトン財団と提携したことが分かった。

GMOとKlaytnのパートナーシップ締結は、ブロックチェーンの範囲を新しい領域やビジネスドメインに拡大するという観点から重要視されている。Klaytnは、ユーザーフレンドリーな開発環境とブロックチェーンエクスペリエンスを提供することを約束するサービス指向のブロックチェーンプラットフォームで、日本のコングロマリットGMOと締結することで、両組織に確実に成長機会をもたらす。

GMOグループは非常に速いペースで事業拡大をしており、Klaytnとの今回の提携は、インターネットインフラストラクチャー、金融サービス、eコマース、決済、仮想通貨ビジネスセグメントにおけるコングロマリットのグローバル展開の継続を目指し、開発を促進するための戦略の一部だ。同グループは現在、オンラインFX取引プラットフォームと証券会社、インターネットバンク、ペイメントゲートウェイビジネス、仮想通貨取引所を運営、各サービスの提供に携わっている。GMOはこれらすべての製品プラットフォームを社内で開発しており、同社はユーザーベースのためにそのような高度なテクノロジーを考案する能力を誇りに思っていることに注意することが重要です。

Klaytnの概要

GMOインターネットグループは、すべての製品を社内で構築することに誇りを持っており、ブロックチェーンベースの製品開発に深い専門知識を有する日本が誇れる企業である。

Klaytn財団はシンガポールの非営利団体であり、Klaytnの持続可能な世界的成長を加速することにより、Klaytnブロックチェーンエコシステムをサポートしている。Klaytnは、直感的な開発環境とユーザーフレンドリーなエクスペリエンスをブロックチェーンに提供することを目的としたサービス中心のブロックチェーンプラットフォームである。さらに、同財団は、大量採用に備えてブロックチェーンビジネスの実現可能性をテストするためのさまざまなリソースを通じてパートナーをサポートしている。これらを行う方法の1つは、5億ドル(約571億円)のクレイトン成長基金を管理することで、さまざまな資本展開を通じてエコシステムプレーヤーをサポートしており、Klaytn財団グローバル採用責任者であるデビッド・シン(David Shin)氏は次のように語っている。

日本最大のインターネット企業と韓国最大のテクノロジー企業の1つとのパートナーシップは、新しくオープンなデジタルエコノミーを構築し、Klaytnブロックチェーンを通じて両方の市場にデジタル回廊を提供するという共通のコミットメントを含むものです。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。