スウェーデンは気候保護のために仮想通貨マイニングの全面禁止を要求

スウェーデンが仮想通貨マイニングの全面禁止を求める

スウェーデン政府当局者は、EU(欧州連合)が気候目標を達成できるように、エネルギー集約型の仮想通貨マイニングを全面的に禁止するよう求めていることが分かった。

スウェーデン政府当局による仮想通貨マイニング全面禁止の要求は2021年11月の第3週、スウェーデンの環境保護庁と金融監督局の理事が署名した公開書簡で行われた。書簡の中でスウェーデンの当局者は、仮想通貨の実際のメリットは疑わしく、こマイニングと転送の「莫大な」エネルギー消費が利点を上回っていると主張している。特に、仮想通貨ユーザーが非常に複雑なコンピューターの問題を解決するように求められる、PoW(プルーフオブワーク)検証プロトコルに疑問を投げかけており、次のように述べている。

資産をマイニングしたい人は誰でも暗号化パズルを解くために競争し、勝者は報酬として新しい仮想通貨を受け取ります。パズルを解く唯一の方法は、正しい答えを推測するコンピュータープログラムを繰り返し実行することです。多数の仮想通貨プロデューサーのコンピューターが同時に動作すると、電力需要が急増します。

PoWは、マイナーがパズルを解くために特定の計算作業が費やされたことを他の当事者に証明する暗号証明形式だ。仮想通貨の価格が高ければ高いほど、報酬として付与される過疎王通貨の価格も上がることから、より多くの人々が競争に参加することに興味を持つ。これにより、必要なパズルの難易度が自動的に上がる仕組みだ。つまり、パズルを解くには、より多くの計算作業、およびその後、より多くの電力が必要になる。そのため、仮想通貨マイニングが行われる国での温室効果ガス排出量が加速する。

ほとんどの仮想通貨の生産は、エネルギー価格が低く、エネルギーマトリックスが主に化石燃料に基づいている国で実行される傾向にある。これは特に、世界中のビットコインマイニングの3分の2を占めていた中国の場合で賓著にみられていた。しかし、中国政府による仮想通貨業界の取り締まりを開始し、中国国内から排除したことで、これらの状況は大きく変わっている。

再生可能ドライブ

書簡の中でスウェーデン政府は、マイニング関連の活動に対する税金が有利であり、より安価な再生可能エネルギーへのアクセスが良好なため、仮想通貨生産者は現在北欧諸国に注意を向けていると指摘している。

スウェーデンでは、ビットコインマイニングの電力消費量は現在年間1 TWhであり、これはスウェーデンの20万世帯の電力に相当する量に値する。企業が化石燃料の代わりに再生可能エネルギーを使用して仮想通貨をマイニングすることは良いことだが、国がしなければならない気候変動をカバーするのに十分な再生可能エネルギーがないというリスクがあると述べている。そのため、化石を含まない鉄鋼を開発し、大規模な電池を製造し、運輸部門を電化するためには、クリーンエネルギーが「緊急に必要」であると主張している。

書簡の中で、EU諸国がビットコインのエネルギー集約的な生産に税金を導入し、仮想通貨に関連する気候問題をより広く伝えることもできると述べているにもかかわらず、これらのオプションは、今日の仮想通貨マイニングからの「環境への害」に対処する可能性は低く、代わりに、より大きな禁止を求めている。2021年初めにEUは、気候変動に取り組むために新しくより野心的な気候目標を採用。すぐに法的拘束力を持つことを約束しており、加盟国とEU議会の間で合意された法律は、ブロックが2030年までにその排出量を少なくとも55%削減すると述べている。ただし、同議会は当初60%の削減を求めていた。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。