DeFiプロトコルAave、ガバナンスをトークン保有者に移行

DeFiプロトコルAave、ガバナンスをトークン保有者に移行

DeFiプロトコルAaveは10月29日、同プロトコルの管理キーが、Aaveのネイティブトークン「AAVE」保有者の指揮のもとコア開発者からガバナンスコミュニティに移ったことを発表した。これにより、トーキン保有者によってガバナンスの権利が決定される分散型のプロジェクトになる。

今回の発表は、コミュニティが最初のAave改善提案(AIP)に賛成票を行い、100:1の割合でユーティリティトークンLENDから、新たなガバナンストークンAAVEへ移行機能が開始され、その後、ガバナンス権をAAVE保有者に譲渡した。

本日、Aaveプロトコルにとって歴史的な瞬間を迎えました:我々は正式にプロトコルの管理キーをガバナンスに引き渡しました。

AAVEの総供給量は1,600万トークンであり、そのうちの1,300万トークンはLEND保有者が換金が可能。残りの300万トークンは、エコシステムのリザーブ資金として割り当てられている。またAAVEトークン保有者はAIPの投票に加え、プロトコル手数料のシェアを得ることを目的に、バランサー上でAAVE/ETHをステーキングすることで、取引手数料と共にBALトークンを獲得することが可能だ。

これらのステーキングされたAAVEトークンは、AIPの投票に使用することももちろん可能であり。

AAVEのDeFIプロジェクトは今年1月に開始され、大きな注目を集めていた。Aaveは現在、9億8,000万ドル以上の資金を保有し、ロックされた総価値(TVL)では第5位に位置しているDeFiプロトコルである。しかし、AaveのTVLは8月のDeFiバブルのピーク時から大きく下落し、17億ドル近くから42%もスライドしている状況だ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。