第4弾バイナンスローンチパッドが4月24日に開催|初の「宝くじ形式」での抽選

第4弾バイナンスローンチパッドが4月24日に開催|初の「宝くじ形式」での抽選

世界トップクラスの仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)のトークン販売プラットフォーム(IEO)の第4弾となるBinance Launch PAD(バイナンスローンチパッド)が4月24日に開催される。

今回のバイナンスローンチパッドでは、仮想通貨プロジェクトMatic Network(MATIC)が販売され、ハードキャップは5,000,000ドル(約5億6000万円)ものトークンが販売されることとなる。

仮想通貨プロジェクトMatic Networkは、Plasmaフレームワークと分散証明ネットワーク(PoS)のバリデータを使用して資産セキュリティを確保しながら、オフチェーン計算にサイドチェーンを利用することでスケールを達成するレイヤー2スケーリングソリューションを提供する。

バイナンスのローンチパッドにて紹介されている、Matic Networkの主な機能面は以下の通りだ。

  • スケーラビリティ:Maticサイドチェーン上で高速、低コスト、そして安全なトランザクションを実現
  • 高スループット:内部テストネットのシングルサイドチェーンで最大10,000 TPSを達成。水平方向の拡大縮小のために追加される複数のチェーン
  • ユーザーエクスペリエンス:メインチェーンからMaticチェーンまでスムーズなUXと開発者の抽象化。WalletConnectをサポートするネイティブのモバイルアプリとSDK
  • セキュリティ:マチックチェーン事業者は、それ自体がPoSシステムの主役である。
  • パブリックサイドチェーン:Maticサイドチェーンは、(個々のDAppチェーンに対して)本質的にパブリックであり、無許可であり、複数のプロトコルをサポート。

また、今回のローンチパッドの抽選に関しては、3月24日に発表されたように「宝くじ形式」にて抽選が行われる。

宝くじ方式での抽選方法では、バイナンスアカウントに保有するBNB(BInanceToken)の保有量によって、抽選内容が異なるため注意が必要である。

Binance Launch PAD(バイナンスローンチパッド)の参加方法が「宝くじ形式」に変更

2019.03.25

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。