Braveがイーサリアム用の内蔵ブラウザウォレットを発表

Braveがネイティブイーサリアムウォレットを発表

ユーザーのプライバシー保護に特化した次世代ブラウザBraveは、最新アップデート(バージョン1.32)で、イーサリアムエコシステム用のネイティブウォレット「BraveWallet」を発表した。

日本語訳)
ブレイブデスクトップブラウザ(モバイルは近日公開)に組み込まれた新しいBraveWallet暗号ウォレットをリリースすることに興奮しています。これにより、ブレイブユーザーは単一のウォレットから暗号ポートフォリオを保存、管理、拡張、交換できます。Web3DAppに接続します。

11月16日(火曜日)にBraveは、「Brave Wallet」により、4,000万人以上のユーザーがアセットを交換し、Ethereum Layer 2ソリューションやPolygonやxDaiなどの他のEVM互換サイドチェーンでホストされているdApp(分散型アプリ)にアクセスできるようになると発表した。ほとんどのWeb3ウォレットは拡張機能を介して提供されるが、Brave Walletはブラウザ内で直接使用でき、拡張機能をダウンロードする必要がないという。なお、ブレイブの組み込みウォレットは、MetaMaskTrust WalletWalletConnectなどの人気Web3ウォレットと競合していく。

プレスリリースで、Braveは、ネイティブの仮想通貨ウォレットは、通常ブラウザ拡張機能に関連するセキュリティとパフォーマンスの問題を克服するのに役立つだろうと述べている。Braveは、主にブラウザ拡張機能として使用されるWeb3ウォレットは、盗難やその他の攻撃を受けやすい可能性があると主張。過去に、ユーザーは偽Web拡張機能を介してハッカーに資金を失ったと報告している。MetaMaskのような人気ウォレットをエミュレートすることで、ハッカーはユーザーをだまして秘密鍵を入力させることができる。BraveのCTO兼共同創設者であるブライアン・ボンディ(Brian Bondy)氏は、ネイティブブラウザウォレットの機能について次のように語っている。

Brave Walletは拡張機能を必要とせず、代わりにブラウザネイティブであり、人気のある仮想通貨ウォレットのコア機能を維持しながら、主要なパフォーマンスとセキュリティの懸念を取り除きます。


ハードウェアウォレットのインポートが可能に

最新の製品により、Braveユーザーは、MetaMaskから既存のウォレットをインポートしたり、Trezor(トレザー)やLedger(レジャー)などのハードウェアウォレットをインポートしたりできるようになる。

Brave最新アップデートでは、ユーザーがイーサリアムベースのトークンを交換し、Wyreとのパートナーシップを通じて法定紙幣に加え、CoinGeckoAPIを介して過去の市場データを提供できる。

現時点ではネイティブWeb3ウォレットはデスクトップブラウザでのみ利用可能だが、後にモバイルでの使用が予定されている。Brave Walletは、プライバシー保護広告を表示したことでBraveユーザーにベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を提供するオプトイン機能であるBrave Rewardsとは異なる。

BraveはNEXTMONEYの特集記事「プライバシーが有効なBraveブラウザーがSolanaブロックチェーンと統合」で報じているように、高性能レイヤー1ブロックチェーンであるソラナ(Solana)との統合計画を発表。ただし、SolanaウォレットとdAppのネイティブサポートは2022年に予定されているため、これはまだ実装されていない。

プライバシーが有効なBraveブラウザーがSolanaブロックチェーンと統合

2021.11.12

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。