Braveがプライバシー保護ビデオ会議プラットフォームBraveTalkを発表

Braveからビデオ会議プラットフォーム「BraveTalk」誕生

プライバシーに焦点を当てたウェブブラウザーBraveが9月22日(水曜日)、プライバシーを保護するビデオ会議プラットフォーム「BraveTalk(ブレイブトーク)」を発表した。

本日、BraveTalkを開始します。Braveブラウザーに直接組み込まれ、提供される新しいプライバシーに焦点を当てたビデオ会議機能。追加アプリ、追跡、無制限のプライベートビデオ通話は直接ブラウザから

BraveTalkは、ユーザーのプライバシーを犠牲にすることなくビデオ通話を可能にする。BraveTalkを使用するには、ユーザーはアプリ内のブレイブトークカメラアイコンをクリックするだけでプライバシーが保護されたビデオ会議を実現してくれる。さらに、ユーザーは、talk.brave.comにアクセスし、他のユーザーへのビデオ通話を開始することもできる。ただし、通話はBraveから開始しなければならず、他のユーザーを任意のブラウザから招待できるsystemだ。BraveTalkの発表にともない、Braveのブレンダン・アイク(Brendan Eich)CEO(最高経営責任者)兼共同創設者は、次のように述べている。

BraveTalkは、2020年5月に開始された「Brave Together(ブレイブトゥギャザー)」として以前は知られていたものです。BraveTalkは、ビデオグループウォッチ、YouTubeライブストリーミング、無料バージョンのユーザー向けの無制限の通話時間を備えた何百万ものユーザーが無料で使用できます。

Braveでは、BraveTalkのプレミアムバージョンを月額7ドル(約770円)から提供しており、これは、通話の録音や参加者のミュート機能に加え、エントリパスコードなどのホスティングツールなど、何百人もの通話に対応できる機能が展開されている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。