欧州中央銀行、フェイスブックの仮想通貨に対して「迅速な対応が必要」と言及

欧州中央銀行、フェイスブックの仮想通貨に対して「迅速な対応が必要」と言及

欧州中央議会理事会のメンバーであるBenoit Coeure氏は、金融規制当局はフェイスブックなどの米国企業による金融システムへの推進に迅速に対応する必要があると述べた。

Coeure氏は、フランス南部でのエックスアンプロヴァンスにおいて「金融サービスに関しての規制がない中で彼らの活動を規制するのは問題外だ」と述べ、すぐに対応する準備が必要であることを強調した。

現在、問題に上がっている金融サービスの問題の一つにフェイスブックの仮想通貨計画であるリブラの問題がある。フェイスブックのリブラについては制作立案者たちが争っており、英国の規制当局は最善の対応策を目指している状況である。

マークカーニー知事によると、イングランド銀行はリブラに対して「開放的であるが、開放しているわけではない」との立場を取っている。
この計画についてはワシントンでも物議を醸しており、30以上の影響力のある団体がリブラの開発中止を求めている。

開発中止を求められたフェイスブック側はDavid Marcus氏が今月行われる議会の公聴会で証言することになっている。Coeure氏はデジタル通貨の開発は、既存の金融システムの欠陥と銀行システムの失敗を露呈していると述べた。

またCoeure氏は「これらのシステムは規制当局や公的機関にとって有用な呼びかけであり、私たちのやり方を改善させる可能性がある」とも述べている。

この記事のURLをコピーする