BinanceがAUD、EUR、GBPに対する仮想通貨証拠金取引を停止

BinanceがAUD、EUR、GBPの証拠金取引を停止

世界最大クラスの仮想通貨取引所であるBinanceは7月26日(月曜日)、3つの法定通貨の証拠金取引ペアを除外することを発表。ユーロ(EUR)、オーストラリアドル(AUD)、英国ポンド(GBP)の3法定通貨が上場廃止となる。

発表によると、言及されたすべての取引ペアは8月10日(火曜日)から一時停止され、その後自動決済に切り替わり、関連するすべての保留中の注文がキャンセルされるとのことで、Binanceは次のように述べた。

極端な価格変動が発生した場合、証拠金残高はすべて清算される可能性があります。

仮想通貨は世界的大流行の間に個人投資家の間で人気が急上昇し、ほとんどの仮想通貨取引が規制されていないにもかかわらず、規制当局は取引プラットフォームをますます監視下に置くように促している。実際、英国、日本、イタリア、タイの金融当局はすべて、不正な金融サービスを実行するためのBinanceについて懸念を表明しており、当NEXTMONEYの複数特集記事で報じてきている。なお、各特集記事は以下の通りである。


BinanceFuturesの最大レバレッジポジションを125倍から20倍に削減

Binanceのジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)CEO(最高経営責任者)は7月26日(月曜日)、BinanceFuturesの最大レバレッジポジションを125倍から20倍に削減することも発表している。

ジャオ氏のツイートには、「Binance先物は、7日前の7月19日(月曜日)、新規ユーザーを最大20倍のレバレッジに制限し始めました。(私たちはこれを物事にしたくありませんでした)。消費者保護のために、これを既存のユーザーに今後数週間にわたって段階的に適用していきます。」と記載されている。

これらの決断の背景には、世界中の一連の規制当局がプラットフォームとそれが提供するサービスのいくつかについて警告を発していることから来ているとみられる。また、仮想通貨デリバティブ取引所FTXのサム・バンクマン・フリード(SamBankman-Fried)CEOも7月25日(日曜日)最大レバレッジを101倍から20倍に削減すると発表し、レバレッジが削減されている。

EU規制当局、証券法の遵守についてBinanceを精査か

2021.04.22

ドイツの金融規制当局は、Binanceの株式トークンの提供について警告を発します

2021.04.30

DOJとIRSが仮想通貨取引所Binanceに対して調査を開始

2021.05.17

金融庁がBinanceに無許可で仮想通貨取引所を運営したとして再び警告

2021.06.28

英国規制当局が世界最大の仮想通貨取引所Binanceを取り締まる

2021.06.29

Binanceはタイの新たな警告でさらなる苦境直面:タイSECが刑事告発へ

2021.07.05

英国のバークレイズ銀行がBinanceへのカード支払いをブロック

2021.07.06

バークレイズに続き、サンタンデールが英国のアカウント所有者のBinanceへの支払いをブロック

2021.07.09

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。