人気ニュースメディア「The ONION」がジョークの効いたブロックチェーンガイドをリリース

The ONION(オニオン)はアメリカシカゴに本社を置く1996年から続くニュースメディアです。オニオンは、ニュースサイトでありながら、辛口で風刺的ジョークの効いた書き口が特徴的です。

例えば「About the ONION」というページを見てみると、オニオンがどのようなメディアかが記載されています。

オニオンで働くためにはどうすればいい?

求人情報のリストに特別な指示がない限り、履歴書を送付しないで下さい。迷惑な履歴書は即刻で破棄します。

オニオンを訴えたいときは?

お願い!それはやめて!第1条改正案は、自由な言論と表現の形式としての風刺が保護されています。オニオンでは、公に描かれた人物が風刺されている場合を除いて、すべて架空の人物の名前を使用しています。実名の使用は偶然です。・・偶然である。

オニオンは18歳未満の読者を対象としていません。

このようにクスッと笑える、辛口ジョークが散りばめられています。

そんなオニオンが「オニオンのブロックチェーンガイド」と題して、ブロックチェーンについてのよくある質問に対し回答しています。
「ブロックチェーン」という言葉が誤用・誤認され、近年ではその言葉がほぼ無意味な状態になっており、お金儲けのためだけに様々なものにブロックチェーンという名前が使われています。

イギリスの飲料メーカー「ロング・アイランド・アイスティー」という社名を、「ロング・ブロックチェーン」という社名に変更した途端、株価が289%も上昇しました。
この企業は特にブロックチェーンのユースケースも無く、ただ単にブロックチェーンに興味があるというだけでした。
その後、投資家に誤認させていたという事実がバレ、株価は急落。

他にも「ブロックチェーン」の悪用事例は多く存在しており、その現状に対しオニオンは風刺的にブロックチェーンを解説しています。
一部をご紹介致します。

オニオンのブロックチェーンガイド

Q:ブロックチェーンはどのように機能しますか?

A:あなたは科学のことを話したいのですか?それともお金儲けをしたいですか?

Q:システムはハッカーから完全に保護されていますか?

A:悪いことはなにも起こっていないので「YES」と言っておきます。

Q:ブロックチェーンを使用する利点はなんですか?

A:一度に全てのお金を失うよりも効率的な方法を提供してくれます。

Q:銀行はブロックチェーン技術に対しどう思っているでしょうか?

A:銀行が、まだ貧しい人々から搾取する方法を探している限り、彼らはあまり気にしていないでしょう。

引用:https://goo.gl/621L8w

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。