ユニスワップが特定のトークンへのアクセスを制限することを決定

分散型仮想通貨取引所Uniswapが特定トークンのアクセスを廃止

人気および知名度・認知度ともに上位の分散型仮想通貨取引所であるUniswap(ユニスワップ)が、アプリのインターフェースで廃止されるトークンのリストを公開したことが分かった。

Uniswapの公式発表によると、トークンはアプリインターフェースからのみ削除され、プロトコルは不変のままになるとのことで、Uniswap側は次のように述べている。

本日、他のDeFiインターフェースによって実行されたアクションと一致して、app.uniswap.orgを介した特定のトークンへのアクセスを制限することを決定しました。同様に、このアクションは、オープンソースのままであるUniswapインターフェースコード、またはUniswapプロトコルにアクセスするために使用される他の多くのポータルまたはローカルで実行されるインスタンスに影響を与えません。


規制当局による仮想通貨取引所への規制強化

Uniswapアプリケーションインターフェースから除外されるトークンのリストには、ゴールドバックトークン(Gold-backd token)とテザーゴールド(Tether Gold /XAUT)が含まれる。ただし、Uniswap Hayden Adamsの創設者は、XAUTの削除はバグのあるコードに起因すると考えているとのこと。

なお、その他の廃止リストはこちらに掲載されているので、参考に。

トークンの上場廃止は、アラバマ州とニュージャージー州の米国規制当局による措置に続いたが、その理由として、米国の規制当局が最近、これらのタイプの製品に対して精査強化することを発表した事が、Uniswapが決定を下した理由であり、次のように述べている。

他のDeFiインターフェースによって実行されるアクションと一致して、app.uniswap.orgを介した特定のトークンへのアクセスを制限することを決定しました。

実際、Uniswapは、法執行機関の最新の規制に振り回された唯一の仮想通貨ビジネスではなく、現在表立って注目されているのがBinanceだ。同取引所は、この1カ月で、世界各国の規制当局による影響を徐々に受け始めており、包囲網が狭まっている。ただし、Uniswap がBinanceとは異なっている点であるのがUniswapは分散型取引所という点である。

SEC(米国証券取引委員会)のゲイリー・ゲンスラ―(Gary Gensler)委員長はスピーチで、集中型プラットフォームと分散型プラットフォームの両方の株式トークンは規制当局への登録が必要であると指摘している。特に米国では、変化する法律に準拠するため、仮想通貨取引所や他の企業からこのような行動がさらに加速する可能性がある。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。