NYDIG、何百もの米国銀行がビットコインを提供すると予想

NYDIGが何百もの米国銀行がビットコインを提供すると述べる

米国のデジタル資産運用会社NYDIGが、FIS(フィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービシズ)とのパートナーシップを発表。米国中の数百にのぼる銀行が顧客アカウントで直接ビットコインサービスの提供を開始できるようにするプログラムを開始したことが分かった。

数十億ドル規模を誇る資産運用会社のStoneRidge(ストーンリッジ)の子会社であるNYDIGは、5月5日(水曜日)に同計画を公表。NYDIGはプログラムを通じ、ビットコインの保管をし、FISがすべての取引の円滑な運営を管理するとのこと。同社は銀行コミュニティとの実質的なつながりを利用し、貸し手や銀行とのつながりを築くとのこと。また、すでに国内最大級のチェーン店から、それぞれほんの一握りの支店を持つ地元のチェーン店まで、数百人が登録しているとのこと。

NYDIGの銀行ソリューション責任者のパトリック・セールス(Patrick Sells)氏は、CNBCのインタビューの中で次のように語っている。

私たちが行っているのは、日常のアメリカ人や企業が既存の銀行関係を通じてビットコインを簡単に購入できるようにすることです。モバイルアプリケーションを使用し、すべての銀行業務を行っている場合、ビットコインを購入、販売、保持できるようになりました。


ビットコインを銀行に組み込む戦略

NYDIGは4月20日(火曜日)、同社はビットコイン価格の一時的な落ち込みの間の下落時に買う意向を公表

その理由について、メールにて、NYDIGのグレッグ・シポラロ(Greg Cipolaro)グローバルリサーチヘッドは、メールで次のように説明している。

売り切りの根本的な原因は、ファンダメンタルニュースではなく投資家のポジショニングに関係していました。簡単に言えば、トレーダーは過度にレバレッジをかけられ、長く配置され、強制的な清算をもたらしました。

また、メールを公表した翌日には、NYDIGは、クライアントにビットコインアクセスを提供するためにFISとの正式なパートナーシップの存在を発表したものの、詳細はこの段階では伏せられていた。

NYDIGは5月7日(金曜日)、Bridgewater Associatesのジョン・ダルビー(John Dalby)最高財務責任者がチームに加わたことを発表。大小の銀行をビットコインの世界に正式に組み込むという行動には深刻な勢いがあり、多忙なグローバルファイナンスの世界の多くの著名人が彼らが波に参加する方法を模索していることがうかがえる。CNBCのインタビューで、NYDIGのヤン・ジャオ(Yan Zhao)社長は、仮想通貨市場にあふれる一般的な幸運の気持ちを裏付ける十分な確固たる証拠があると主張し、次のように語っている。

これは、クライアントがビットコインを望んでいると考えている銀行だけではありません。データを確認するために行う必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。