スイスの大手保険会社AXA、ビットコインで保険料を支払いを開始

AXAスイスでビットコイン決済が可能に

仮想通貨市場が再び大きな動きを見せ、仮想通貨の採用も勢いを増している今、スイスの大手保険会社が、顧客がビットコインで請求書を支払うことを許可した事が分かった。

スイスの大手保険会社のAXAスイス(アクサスイス)は、ビットコインでの支払いを許可したスイス初の保険会社になった。この動きは、顧客からの支払いのオプションとしてビットコインの高まる需要に応えるための市場戦略の一部として実現したものである。2019年にAXAは、2019年末、18〜55歳の人を対象に市場調査を実施。回答者の1/3が仮想通貨を所有しているか、興味を持ってると分かった。その後、2020年にCOVID-19パンデミックの影響を受け、この関心はそれまで以上に高まりを示したと同社は述べている。AXAのビットコインでの支払いは、同社からビットコインでの支払いを希望するAXAユーザーは、オンラインで決済プロバイダーのInapayにアクセスし、参照番号と金額を入力してから、入力を確認することで送金を行うことができるとのこと

AXAスイスのオープンイノベーション責任者であるクラウディア・ビナントレウ(Claudia Bienentreu)氏は次のように語っている。

代替の決済ソリューションに対する顧客からの高まる需要に対するAXAの対応であり、新しいテクノロジーがこれまで以上に大きな役割を果たしています。


支払いオプションを今後も充実させていくAXAスイス

ヨーロッパで2番目に大きい保険会社であるAXAスイスは仮想通貨での支払いを4月から受け入れているが、現時点ではビットコイン以外の仮想通貨は現在のところ、リストに追加されていない。

今回のビットコイン決済の実現は、仮想通貨ブローカーであるビットコインスイス(Bitcoin Suisse)とのコラボによって促進された。AXAスイスにおけるビットコインの支払いは、生命保険に対する規制上の障壁による生命保険を除き、ほぼすべてのAXA製品で可能とのこと。

AXAスイスは、支払われたビットコインを貸借対照表に保持しないとのことで、支払い受け入れ後、支払われたビットコインはそのままビットコインスイスへ渡るとのことだ。なお、AXAの顧客によって支払われたビットコインは、スイスフランに交換される手数料として1.75%の独自手数料を徴収するとしている、

AXAは、スイス市場向けのモバイルアプリ決済ソリューションであるTWINTを含め、近い将来、より多くの決済オプションを充実させることを示唆している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。