米国人の38%がパンデミック後の旅行を計画=そのうちの4人に1人近くが仮想通貨を利用した旅行を希望

パンデミック後には仮想通貨を使った旅行を計画

2017年に設立したばかりのホテル・宿泊予約施設のスタートアップ企業Travala.comの調査によると、アメリカ人の71%が、COVID-19パンデミックで失われた時間を埋め合わせるため、旅行に行く意欲があることが分かった。

仮想通貨に優しいオンライン旅行代理店(OTA)であるTravala.comは、230の国と地域で90,124カ所の目的地をカバーする3,000,000点以上の旅行商品とツーリストを結ぶ架け橋となっている。そのTravala.comが4月13日(火曜日)、COVID-19がアメリカ人の旅行計画と2021年後半の旅行の期待に与える影響を調査。その結果、今年の旅行により多くを費やしたいという強い意欲と、ビットコインなどの仮想通貨を使用して支払う意欲が高まっていることが分かった。

2021年4月1日に1,000人のアメリカ人を対象にした調査によると、1年間の旅行の停滞により、38%がパンデミック後の旅行を計画していると回答。71%がパンデミック前よりも年間の旅行費の増加を予測していることが明らかになった。実際、ほぼ半数の48%が、2021年の後半に国内休暇に給与の全額以上を支払う用意があると述べ、4人に1人にあたる23%が2カ月分以上の全額給与を支払う用意があると回答した。

また2021年の後半に旅行の支払いをどのように計画しているかの問いには、22%が、旅行の一部の支払いに仮想通貨を使用することを計画していると答えていたことが明らかになり、Travala.comのフアン・オテロ(Juan Otero)CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

今回の調査で米国人は、今年後半の旅行意欲が非常に高まっており、多くの人が仮想通貨で旅行代金を支払いたいと思っています。これらの2つの欲求は、Travala.comの指標に反映されており、仮想通貨で行われた予約と支払いの記録的な数の伸びが見られています。私たちは人々が再び安全に旅行できるようにし、彼らがそれを支払う方法でより多くの柔軟性と自由を彼らに与えることを切望しています。


旅の郷愁と2021年の計画

世界各国が国境を再開するにつれ、旅行への興奮が高まって行くとみられている。

この熱意は、OTAの予約数の増加ですでに判明しており、最近の旅行データでは、過去数週間にわたって世界の航空交通量が着実に増加し、TSA(アメリカ運輸保安局)チェックポイントでスクリーニングされる旅行者の数が増加していることが示されている。世論調査を行ったアメリカ人の82%は、旅行はCOVID-19のパンデミックの最中に最も見逃したことのひとつと回答。次いで思い出を作ること61%、仕事や日常生活から逃れること58%だと答えている。また、2021年の後半に予想される旅行の理由については、家族の再会が56%、冬休み53%など。パンデミック後の最初の休暇はビーチ41%を計画し、62%が近親者と一緒に旅行する予定だと回答している。

仮想通貨と旅行

COVID-19パンデミックの影響を受け、仮想通貨市場は、絶好のチャンスを迎えている。

今回のアンケートでは、回答者のほぼ4人に1人22%が、2021年に旅行の少なくとも一部を予約するために仮想通貨を使用すると回答し、そのうち、ビットコインを使用すると答えた人が70%、テザー(Tether/USDT)が45%、イーサリアム(Ethereum/ETH)が37%、Travala.comのネイティブコインであるTravala.com(AVA)が35%という結果となった。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。