元SEC議長、ビットコインの非セキュリティステータスについて言及= XRPの訴訟効果か

ビットコインの非セキュリティステータスについて言及

本日、投資銀行大手のモルガンスタンレー(Morgan Stanley)は、グレイスケール(Grayscale)のビットコイントラストの株式または現金決済先物を通じ、ビットコインへのエクスポージャーを獲得する可能性のある複数の機関投資家を提出した。

SEC「Statement of Additional Information Supplement」より画像引用

ゴールドマンサックスは、NEXTMONEYの特集記事「ゴールドマンサックス、2021年第2四半期にビットコインを顧客へ提供する準備へ」で報じているように、仮想通貨取引デスク再開後の第2四半期に、プライベートウェルスマネジメントクライアント向けにビットコイン(Bitcoin/BTC)など、一部の仮想通貨のローンチを目指して準備中だと明かしている。これらの新しい開発が証明するのは、ビットコインが今や明らかに主流になりつつある事を意味している。

しかし、ビットコインは従来の市場に参入しているように見えるため、規制当局が新興の資産クラスをどのように作成しているかという疑問が生じている。これまでのところ、仮想通貨コミュニティの多くで、規制の明確さの欠如について懸念を表明している。それらすべての中で最も顕著なものが、ブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)が「平等な競争の場」を要求する機会を惜しまないRippleとSECの訴訟である。同時に、SECは、ビットコインとイーサリアムが証券と見なされなかったのに対し、Rippleのネイティブ通貨であるXRPが証券と見なされた判断について、重要な情報をまだ開示していない。なお、これらは「SEC、Rippleによる文書封印要求には懸念される問題があると主張」でも報じている。

SEC元会長の仮想通貨に対する見解

最近、SEC(米国証券取引委員会)元会長のジェイ・クレイトン(Jay Clayton)氏が、規制当局がビットコインやその他の新興資産のポジションを取ることをいつ決定するかについての意見を共有し、CNBC Squawk Boxとのインタビューで、クレイトンは次のように述べている。

一日の終わりにデジタル資産が上陸する場所は、国内および国際的な規制によって部分的に推進され、規制は直接的にも間接的にもこの分野で行われると私は期待しています。私がSECに到着する前に、ビットコインはセキュリティではないと判断されました。したがって、ビットコインに対するSECの管轄はかなり間接的でした。

クレイトン氏は、在職前はビットコインは非セキュリティと見なされていたため、資産に対するSECの管轄は「間接的」であったと述べた。しかし、それは「規制されるべきではないという意味ではありません」とクレイトンはすぐに付け加えている。

ゴールドマンサックス、2021年第2四半期にビットコインを顧客へ提供する準備へ

2021.04.01

SEC、Rippleによる文書封印要求には懸念される問題があると主張

2021.03.31

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。