TimBond、ビットコインは無意味で特に卑劣な資産クラスと警告

ビットコインは無意味で下品な資産クラス

Odey AssetManagementのポートフォリオマネージャーであるティム・ボンド(Tim Bond)氏が、ビットコインは無意味であると警告し、暗号通貨を「特に下品な資産クラス」と呼んでいることが分かった。

ボンド氏は、Marketwatchとのインタビューで、ビットコインが無意味で下品な資産クラスと呼ぶ理由に、投機のためのツールと犯罪の収益を洗浄する手段として以外には本当の社会的有用性はないと主張している。

資産運用を手掛けるOdey AssetManagement社は、億万長者のクリスピン・オデイ(Crispin Odey)氏によって、1991年に設立されたており、現在3,270億円を超える資産を顧客に代わりを運用している。ボンド氏は、2010年に同社に入社する前、バークレイズキャピタル(Barclayscapital)でマネージングディレクターおよびグローバルアセットアロケーションの責任者として12年間務めた人物だ。それより以前は、ムーアキャピタル(Moore Capital hedge fund)でポートフォリオストラテジストとして働き、東海銀行ヨーロッパのストラテジストおよびトレーダーとして10年間を過ごしすスペシャリストだ。

ボンド氏の発言

ビットコインの価格が今月数回史上最高値を記録したことで、ボンド氏も会社もビットコインを保有していないことを明らかにしたうえで次のように述べている。

ビットコインには、投機のツールと犯罪の収益を洗浄する手段以外に実際の社会的有用性はない。私の考えでは、ビットコインは特に下品な資産クラスです。ビットコインが法定通貨に取って代わり始めた場合、政府の課税、支出、再分配の能力が大幅に損なわれます。ビットコインが効率的かつ倫理的な方法で社会において機能するのを妨げる可能性があり、仮想通貨は極端な形態のリバータリアンアナキズムである。

ボンド氏は、ビットコインマイニングについても語っており、ビットコインマイニングが年間118.17TWhの電力を消費するというケンブリッジ大学オルタナティブファイナンスセンターの計算を引用。ビットコインマイニングは主にアジア経済(※中国では65%)で行われており、電力は石炭やその他の化石燃料から供給される。したがって、ビットコインマイニングは年間約5,500万メートルトンのCO2を生成すると計算できる。これはフィンランドの年間CO2排出量に相当し、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーなどの国の排出量を上回る量出る。ビットコインは中規模先進国の年間生産量に相当するCO2排出量を追加し、ビットコインの価格が上昇すると、マイニング活動が活発になり、さらに高いレベルのCO2排出量が発生すると同時に、非常に無意味であり、地球に非常に大きな損害を与える他の人間の活動を考えるのは難しいと語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。