デジタル資産管理会社Arca、BTCトラストのデビューでグレースケールに挑戦

Arca がビットコイントラスト作成

デジタル資産管理を手掛けるArca(アルカ)が、ビットコイントラストを作成するため、SEC(米国証券取引委員会)に書類を提出したことが分かった。

Arcaは認定投資家としてSECの認定を受けておりビットコイントラストは最低25,000ドルの投資を行っている。アルカ認定投資家ビットコイントラストは、BTCの最大の機関投資家であるグレイスケールビットコイントラストに直接挑戦しており。Bitcointreasuriesの調べによると、グレイスケールビットコイントラストは、これまでに流通する2100万BTCのうち、推定3%を保有。2020年末に200億ドル、約2兆1,200億円の運用資産を保有している。

同ビットコイントラストは、ビットコイン価格を大まかに追跡する株式を発行することにより、投資家は、実際にBTCを購入や保有することなく、ポートフォリオにビットコインへのエクスポージャーを追加できる。デメリットは、投資運用報酬が必要で、実際の資産に比べ、割高で取引可能であり、企業にとっては有利であり、ビットコイの投資家は、規制された投資商品を購入するためにもっと支払うことが期待できる。

ビットコイン製品の株式を購入することは、基礎となる仮想通貨と同じタイプのボラティリティを伴うが、投資家は秘密鍵について心配する必要はなく、収益を税金から保護するためのリソースが増える可能性もある。Arcaは、企業が大量の仮想通貨を管理するのを支援し、仮想通貨投資を考えている投資家にヘッジファンドを提供し、最新のファンドは、最低25,000ドルをテーブルに持ち込むことができる認定投資家にのみ開かれている。有価証券は「制限付き」であり、株式を簡単に転売することはできない。

ライバル企業のグレースケールは、最低50,000ドルの投資を義務付けており、保有者は少なくとも6カ月間は売却できない契約となっている。そのグレースケールは、NEXTMONEYの特集記事「グレースケールのビットコイントラストは割引価格で取引」で報じているように、5年以上ぶりにビットコインの価格よりも割引価格で取引されたことが明らかになっている。

グレースケールのビットコイントラストは割引価格で取引

2021.02.25

記事参照:Decrypt

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。