XRP Ledger、新バージョンリリースで大幅な効率向上を実現

XRP Ledger が新バージョンをリリース

XRP Ledger(XRPL)の最新バージョンは、メモリー使用量を50%削減し、大幅な効率向上を実現した。

RippleXは2月24日付のブログで、XRP元帳のバージョン1.7のリリースを発表した。新たな実装により、ソフトウェアの効率が大幅に向上し、ネットワークをより安全で分散化したものにするとのことだ。

最新バージョンでは、リップルCTOのデビッド・シュワルツ(David Schwartz)氏によって部分的に起因する多数の改善を実施したことで、メモリ使用量が50%削減されている。同氏は2020年12月に新しいリリースのテストを実施しており、これらの経緯・結果を追った上で報告している。今回の発表は、そのバージョン1.7がリリースされたもので、シュワルツ氏は、エコシステム全体が恩恵を受けるとして、次のように述べている。

最終的に、v1.7は利用可能なシステムリソースをより有効に活用します。効率を高めることで、XRPLエコシステム全体にメリットがあり、ソフトウェアをより簡単に操作して元帳に直接構築できます。


XRPLの継続的進化におけるもう1つのステップ

本日のリリースは、XRPLの継続的な進化におけるもう1つのステップで、本日紹介されたような機能更新は、XRPLのネットワーク事業者によってレビューおよび投票され、その機能の向上に役立つ。

XRP Ledger Foundationは、開発者を関与させることでXRPLの開発と採用を加速することを目標としており、将来的にXRPLのインフラストラクチャーとデフォルトの一意のUNL(Universal Networking Language=ノードリスト)を維持する上でも積極的な役割を果たす。XRPLFのスポークスマンであるバーラト・チャリ(Bharath Chari)氏は、財団はXRP Ledgerの強化に引き続き焦点を当てるとして次のように述べた。

今日のメモリ使用量の改善などの機能強化は、元帳の成長と革新の鍵です。RippleXチームによる優れたコード開発を含む、より幅広いエコシステムをサポートすることを楽しみにしています。これを証明するのは、進化するバリデーターのリストを作成し、XRP元帳の背後にあるコアコードとインフラストラクチャーを強化することに焦点を当てることです。

GateHub、XRPLユーザー向け「ウォレットプロテクト」を発表

2021.01.20

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。