GateHub、XRPLユーザー向け「ウォレットプロテクト」を発表

GateHubがウォレットプロテクトの発売へ

イギリス・ロンドンに本拠地を構える仮想通貨取引所GateHub(ゲートハブ)が、仮想通貨カストディサービスを提供するCoincover社と共同で、Wallet Protectと名付けられた新製品を発表した。

WalletProtectは、XRPの保有者に1ウォレットあたり最大100,000ドルの安全な保管を提供することを目的としている。WalletProtectのローンチにより、XRP Ledger(XRPL)ウォレットのセキュリティソリューションが改善されるとのことだ。最近のブログ投稿によると、このサービスは150万人を超えるGateHubユーザーに対応し、最大のXRPLへの玄関となる。

この開発によってWalletProtectユーザーは現金での支払いのほか、商品資産やデジタル通貨など、さまざまな媒体にわたる決済が可能になるという。同ウォレットのセキュリティ機能は、ユーザーがキーを紛失した場合でも、仮想通貨にアクセスできなくなることはないとのことで、GateHubの創設者兼CEOであるエネジ・パンガーカー(Enej Pungerčar)氏は次のように述べている。

Wallet Protectによって最高レベルの仮想通貨保護をお客様に提供します。バックアップキーの作成と安全なストレージを通じ、多くの仮想通貨保有者が不注意に、そして永久に資産へのアクセスを失うことについて感じる不安を取り除くことができます。そして、包括的な保険と預金保護保証の追加の利点により、GateHubユーザーは、何が起こっても、失うことはないと確信することができます。

また、Coincoverのデイビット・ヤーンチェスキ(David Janczewski)CEO(最高経営責任者)も、特にGateHubが製品リリースを通じてプラットフォームから安全基準を提供するため、コラボレーションについての喜びを表明している。同氏は、パートナーシップがデジタル資産ユーザーに追加セキュリティを提供するための強力な基盤を構築するため、これは両社にとって進歩の時期を意味すると語っている。

Wallet Protectは、2つのカテゴリでサービスが提供される。1つは10,000ドルの顧客向けともう1つは100,000ドルの顧客向けであり、これが限界になるという。

XRPへの希望

ほとんどの仮想通貨取引所や取扱い業者がXRPから離れており、NEXTMONEYの特集記事「米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売」でも報じているように、リップル訴訟はデジタル資産であるXRPを破壊へと向かわせている。

訴訟問題が表面化して以降、さまざまな仮想通貨取引所で上場廃止やXRPとの関係の解消に直面しており、GateHubはそのサポートに不安を感じているようだ。

米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売

2020.12.24

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。