米国教育省、ブロックチェーンベースのソリューションを模索

米国教育省がブロックチェーンソリューションを模索

米国教育省は、分散型台帳テクノロジーを教育システムに組み込む方法を再考することを目的に、ブロックチェーンテクノロジーを模索し、関係機関に資金提供していることが分かった。

米国政府部門は、透明性、安全な記録管理、および分散型情報共有に関するソリューションを見つけるため、ブロックチェーンテクノロジーを模索しており、米国教育省(教育工学局)は、EBI(教育ブロックチェーンイニシアチブ)に資金提供をしていることが分かった。

EBIは、ブロックチェーンテクノロジーが教育機関と雇用者間のデータフローを改善すると同時に、個人が教育成果を経済的機会に変換できるようにする方法を特定および評価するのに役立つように設計されている。

ACE(アメリカ教育協会)の目的

ACE(American Council on Education=アメリカ教育協会)によって開始されたこのプロジェクトは、学生、学習機関、雇用者の間のネットワークとコミュニケーションを強化するためのブロックチェーンベースのソリューションを見つけることを目的にしている。

ACEの声明によると、EBIは、ブロックチェーンが教育機関、学生、雇用者へのデータの流れを改善できる新しい方法を特定して評価することを目的としている。EBIを通じて開始されたプロジェクトは、学習者にデータ制御を復元し、学習者が自分のアイデンティティを制御し、学習したスキルを活用できるようにすると述べている。

ACEは、学生をより良くするため、高等教育センター全体で包括的、動的、かつ回復力のある公共政策をロビー活動および作成する組織で、ブロックチェーン技術の発見に合わせて、2020年に「ブロックチェーンイノベーションチャレンジ」を立ち上げ、教育および雇用システムを見直している。

ACEの最高学習責任者であるルイ・スワレス(Louis Soares)氏は次のように語っている。

COVID-19パンデミックの影響を受けた不当な少数派の学生を助けるだろう。学生の登録を強化し、クレジットの転送を改善し、教育機関と雇用者の間のコミュニケーションも向上させる。教育およびトレーニング組織間のコミュニケーション改善のため、新テクノロジーの可能性を活用する新しいアプローチを見つけることが含まれます。


教育分野の発展加速のための取り組み

教育分野の発展を加速させるために、Blockchain Innovation Challengeは、2つのフェーズで合計90万ドルの賞を受賞しており、ネブラスカ州教育省およびネブラスカ州保健福祉省と協力して、複数の行動、司法、または州の教育サービスに携わるすべてのネブラスカ州の学生の3分の1の学習者記録を作成している。

同様のプロジェクトであるUnBlockEdは、アリゾナ大学とジョージア工科大学、そしてブロックチェーンベースのデータベースであるFlureeなどが主導し、学校を転校する学生のクレジット転送の明確化を強化するオープンで分散型の転送交換を開発している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。