クラーケン、膨大な需要で新規ユーザーの受け入れを一時停止へ

クラーケンで新規加入者が急増で一時停止へ

人気仮想通貨取引所の一つであるクラーケン(Kraken)は、他の主要取引所と同様に、膨大なトラフィックに対処するのに苦労しており、非常に高い需要のため、一時的に新規ユーザーの受け入れを停止したことが分かった。

クラーケンのステータスページによると、「非常に高い」需要のために一時的に新しいユーザーの受け入れを停止し、次のように述べている。

需要が非常に高いため、サインアップは一時的に無効になっています。エンジニアは引き続き問題の解決に取り組んでおり、アップデートが利用可能になり次第共有します。


ビットコイン高騰で新規加入者が急増

CoinMarketCapより画像引用

執筆時点の2月9日12時時点のビットコイン価格は、CoinMarketCapの調べによると、1BTC=4,793,468.52、前日同時刻比で18.53%、1週間で36.21%の上昇を見せており、時価総額も90兆円に迫る勢いを見せている。

現在のビットコイン急騰は、NEXTMONEYの特集記事「テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ」で報じたように、テスラ社による15億ドル、約1,574億円相当のBTC購入が背景にある。同社は米国時間の8日朝、SEC(米国証券取引委員会)に対し、126ページに渡る資料を提出しており、その中でビットコイン投資を明らかにした。提出された資料では次のように述べられている。

2021年1月、当社は投資方針を更新し、十分な営業流動性を維持するために必要とされない現金のリターンをさらに多様化および最大化するための柔軟性を提供しました。取締役会の監査委員会によって正式に承認された方針の一環として、現金の一部を、デジタル資産、金地金、金交換取引ファンドおよびその他の指定された資産を含む特定の代替準備資産に投資する場合があります。その後、このポリシーに基づいてビットコインに合計15億ドルを投資し、デジタル資産を随時または長期的に取得および保持する可能性があります。さらに、適用法に従い、当初は限定的に、受領時に清算する場合としない場合がある、当社製品の支払い方法としてビットコインの受け入れを開始する予定です。

1月10日に423万円の市場最高値を記録した後、ビットコインは下落へと転じており、1月22日には314万円台にまで下がっている。その後、「イーロン・マスクがTwitteプロフィールに#bitcoin追加で高騰」で報じたように、マスク氏がツイッタープロフィールに「#bitcoin」を加えた30分後、ビットコインがほぼ14%回復。その後は緩やかながら価格も上昇へと転じ、大手自動車メーカーのテスラ社が、仮想通貨の15億ドルという大量購入を発表した本日、記録的な回復を遂げ、これがクラーケンをはじめとする仮想通貨取引所への新規加入需要の急増につながっている。

テスラ社、15億ドル相当のビットコイン保有判明でBTC最高値更新=保有額はマイクロストラテジー社に次ぐ

2021.02.09

イーロン・マスクがTwitteプロフィールに#bitcoin追加で高騰

2021.01.29

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。