Sweet、Bitcoin.comと提携で大規模NFTソリューションを発表

SweetがBitcoin.comと提携

2月4日(木曜日)、ニューヨークン本拠地を構えるSweetが、Bitcoin.comと提携し、NFT)プラットフォームの立ち上げを発表した。

Sweetが本日、デジタル収集品とデジタル商品を幅広く配布するための拡張性の高い非代替可能トークン(NFT)プラットフォームの立ち上げを発表。ビットコインキャッシュ用トークンシステムであるSLP(Simple Ledger Protocol)とビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)ネットワークを活用することで、ブロックチェーンデジタルコレクティブルは、消費者とエンターテインメントブランドに、新しい収益を生み出すほか、独自の消費者体験とエンゲージメントを高める、これまでにない機会を提供するとのこと。

Sweetのソリューションによって同ブランドは、既存のeコマースストアでの購入が可能になるほか、QRコード、ウェブ予約によるソーシャルプレゼントなど、さまざまな方法でデジタル商品を市場に投入する柔軟性を備えている。同プラットフォームは、ビットコインキャッシュとNFTのSLP標準を使用しており、Sweetのトム・ミゾーネ(Tom Mizzone) 創設者兼CEO(最高経営責任者)は次のように語った。

SLPはSweetのデジタル収集品プラットフォームに最適で、いくつかのブロックチェーンソリューションを調べたところ、ビットコインキャッシュとSLPは高速でスケーラブルで、費用対効果が高いことがわかりました。成長するSLPエコシステムに参加することにこれ以上興奮することはできません。

消費者およびエンターテインメントブランドがデジタル空間で新しいソリューションを探しているとき、Sweetは、ブランドを中心にカスタム設計され、透明性のためにブロックチェーンで公開される。他に類を見ないデジタルの取引可能なコインやカードの配布を可能にしてくれるのが特徴だ。ミゾーネCEOは次のようにコメントした。

希少で収集可能な商品の未来は、NFTへの関心の高まりからも明らかなように、デジタルの分野にあります。私たちは、ブランドやアーティストに、ファンや顧客に独占的なデジタル商品を提供する新しい方法を提供できることに興奮しています。


機能満載のNFTウォレット

Sweetプラットフォームには、iOSおよびAndroid用のモバイルブロックチェーンウォレットが含まれている。これは、ユーザーが他のユーザーとやり取りしたり、収集品を交換したり、珍しいアイテムや完全なセットを入手したりするときに、コミュニティを体験できる。SLPに基づいて構築されたSweetのソリューションは、NFTの革新と幅広い採用を推進しており、Bitcoin.comの創設者であるロジャー・バー(Roger Ver)氏は、次のように述べている。

かつてユーザーはアプリ内エクスペリエンスまたは単一のマーケットプレイスに閉じ込められていましたが、今では、Sweetユーザーでなくても、多くのチャネルを通じてSweetデジタルグッズを入手して世界中の誰とでも取引できます。Sweetとの戦略的パートナーシップと、それが収集品市場にとって何を意味するのかについて、これ以上興奮することはできませんでした。

なお、Sweetには、エンターテインメントと消費者のブランドコミュニティで強い牽引力を持っており、600を超えるアーティストとブランドがプラットフォームに存在しており、世界中のファンとコレクターのために数千のNFTが並んでいる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。