中国マイニング大手カナン社、米国IPOで9,000万ドル調達

中国マイニング大手カナン社、米国IPOで9,000万ドル調達

中国の大手マイニング企業であるカナン(Canaan)社は20日、米国のナスダックの新規株式上場(IPO)にて、9000万ドル(約97億円)を調達したとブルームバーグが報じた。また報道では、カナン社によるIPOが「9〜11ドル」の計1000万株で実施される予定であったが、今回のIPOでは最低公募価格である9ドルで売却されたという。

カナン社によるIPOについては今年10月、米国証券取引委員会(SEC)に「4億ドル」の資金調達(IPO)を申請したことが報じられていた。そして今年11月、SECよって承認された際には、IPOを通じた資金調達額を「1億ドル」の資金調達に設定したことが報じられたのだ。

そして、今回のIPOによって資金調達した金額の総額は、今年11月に引き下げた設定金額よりも少ない「9000万ドル」となったが、米国初のマイニング企業によるIPOを成功したと言えるだろう。

また現時点でカナン社の株は、今週木曜日からナスダックにて上場する予定であり、デッカーシンボルは「CAN」となる。

中国マイニング大手カナン社、IPOが正式決定 =米国初の快挙|1億ドルの資金調達を実施

2019.11.14
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。