Trezor、偽のモバイルアプリについてユーザーに警告

Trezorが偽のモバイルアプリに警告

ハードウェアウォレットとして人気の高いTrezor(トレザー)が、ウォレットプロバイダーに関連付けられているように見せかけ、GooglePlayに掲載された悪意のあるモバイルアプリケーションが出回っている件について、ユーザーに警告した。

少なくとも1,000人のユーザーがすでにこのソフトウェアをすでにダウンロードしており、資金のロックを解除するためのシードフレーズを無意識のうちに提供している可能性があるという。

TrezorとTrezor の運営会社であるSatoshiLabsはどちらも、ツイートを通じてこの偽のアプリの存在を確認している。


(日本語訳:Androidデバイスを使用しているすべてのTrezor所有者への警告!
このアプリは悪意があり、TrezorやSatoshiLabsとは関係ありません。インストールしないでください。Trezorデバイスから要求されるまで、シードを他の人と共有しないでください。)

TrezorはAndroidユーザー向けにウェブサイトからダウンロードできるユーザーマニュアルを提供している。ユーザーは、Trezorを購入したり、リンクされたアプリを公式ストアから直接ダウンロードしたりもできるようになっている。

関連モバイルアプリに注意

Trezorウォレットは、セキュリティと信頼性でよく知られているハードウェアウォレットだ。このようなハードウェアウォレットは、インターネットに接続される時間が非常に短く、サイバー攻撃の可能性をほとんど排除する。

しかしその一方で、関連するモバイルアプリを使用すると、追加のリスクが伴うことでも知られている。その結果、ユーザーは常にすべての2-FAメソッドをアクティブ化することをTrezorは勧めている。なお、Trezorは、端末上に秘密鍵情報を保持するタイプのMyceliumやセンチネル付きウォレットの使用を正式に承認している。

現段階で今回発覚した偽アプリを使用してTrezorアカウントから盗まれた資金を報告したユーザーがいるかどうかは不明だ。アプリには200以上のレビューがあるものの、その大部分は詐欺であるという事実を概説している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。